あるく あるける MAP & NEWS

10月カレンダー 鎌倉12月 鎌倉10月 鎌倉9月 鎌倉8月 鎌倉7月 鎌倉6月 鎌倉5月 鎌倉4月 鎌倉3月 鎌倉2月 鎌倉1月

神奈川 鎌倉・北鎌倉

 
 
地図を見る地図 鎌倉英語のMAPヘ 地図 江の島ページへ 地図 湘南海岸・江ノ電ページへ 地図 ご利用規約 地図を見るスマホ用 地図を印刷する 鎌倉中国簡体語のMAPヘ 地図を見るPC用 Pg/b取扱説明書 パスワード申請



遠くに稲村ヶ崎をのぞむ由比ヶ浜

1180年11月の源頼朝
平家打倒の兵を起し抜打ち的な焼き討ち襲撃で気勢をあげたものの、頼朝は最初の会戦で惨敗する。しかし、演劇的!と思うようなエピソードを繰り返しながら鎌倉に入り頼朝は幕府を立てた。
鎌倉は「漁師や百姓以外居住しない寒村(吾妻鏡)」だったが、父義朝所縁の地ということで選んだのだろう。
1180年10月8日だった。
ここまでのストーリーは既に書いたことの要約だが、こののち富士川まで来ていた平家軍を駆逐するため頼朝は箱根を超える。そして、10月18日、事もなげに平家軍を打ち倒した。
眠りについていた鳥が一斉に飛び立ち、その羽音に驚いた平家軍が蜘蛛の子を散らすように逃げたのだという。ろくに戦いもせず(?)頼朝軍は一方的に勝った。
平家を追いかけて上洛し一気に雌雄を決すべしと頼朝はいきり立つ。が、頼朝を押し立ててきた武将たちはそれをとどめる。常陸佐竹氏を討ち関東を万全な状態にすることが先だと。
常陸に蟠踞していた佐竹氏は当時80万石を領するともいわれた大大名であった。佐竹義政、秀義が率い「その権威は国外にまでおよび、郎従は国中に満ち」ていると吾妻鏡は表している。
しかし、11月4日に常陸国府(現在の石岡市)に入った頼朝軍によって、3日のうちに佐竹軍は破られる。大大名にしてはやけに簡単に負けたものだが、勝者側の誇張表現でもないのだろう。
ともあれ頼朝は11月17日に鎌倉に凱旋した。佐竹氏討伐の際の吾妻鏡には上総介広常、和田義盛、熊谷直実らの名が多くみえる。


秋が来た!!
天高く馬肥ゆる秋と言われるように、10月も後半になると空気が澄み相模湾越しに冠雪した富士山を望める。

ハイキングコース

極楽寺駅から出発。葉を落としてホッとしたような百日紅(極楽寺)に挨拶して成就院前の切通しを下る。力餅家で買った餅を頬張りながら御霊神社に。秋の薫りが匂い立つ。
踵を返し由比ヶ浜に出る。相模湾の上に伊豆大島の姿。潮のひいた磯を散歩する人が多い。鎌倉らしい町並みを歩いて由比ヶ浜駅がゴール。



成就院の前庭の菊
成就院の前庭の菊
極楽寺の百日紅
極楽寺-葉を落とした百日紅

ハイキングコース

本宮の上の青空が高い鶴岡八幡宮を出発点としてスタート。源氏池の周りの木々が色づき始めている。
今年は大きな台風が2つ通り、桜並木の紅葉はなし。頼朝の墓の方に向って頭を下げて荏柄天神社へ。やはり色づき始めている鎌倉宮前を右へ。左に行くと覚園寺。覚園寺につづく疏水沿いの細道はかつて川端康成が住んだという坂道で、鎌倉らしい秋の薫りが漂う。
テニスコートの先の永福寺跡で弁当にする。
頼朝墓桜並木
頼朝墓桜並木
永福寺跡
永福寺跡

ハイキングコース

北鎌倉の臨済宗浄智寺をかすめながら坂道を上り始めるコース。頭上の森は欝蒼としているが、桜の名所、葛原岡神社が伺える辺りになると気分も晴れてくる。
源氏山公園まで登って頼朝の鎧姿に挨拶したあと、北条軍と新田討幕軍の激戦地だった化粧坂の切通しを下りる。秋の薫りが濃い海蔵寺参道の紅葉を楽しむ。






海蔵寺センリョウ
海蔵寺センリョウ

ハイキングコース

妙本寺の二天門にさしかける楓がある(画像参照)。行くたびにその風景を写真に撮るが、楓の紅葉になかなか出会えない。
妙本寺を出発して常栄寺まえを行くと八雲神社になる。7月の神幸祭が見ごたえがあり人気の神社だが、そこから安養院を見て、松葉ヶ谷の安国論寺へ。安国論寺は日蓮上人を祀るお寺で春夏秋の風情がいい。
横須賀線の踏切を渡り、海風を感じながら、終点は光明寺。ポツンポツンとお寺のある町並みに鎌倉の秋の薫りが匂い立つコース。
妙本寺
妙本寺

鎌倉の英雄たち

鎌倉の英雄たち 毛利氏	畠山重忠	北条義時	後白河法皇	源頼家 源実朝 藤原秀衡 源義経 静御前 平敦盛 建礼門院 平将門 島津氏 源頼朝 秩父党 平重盛 平維盛 上総介広常 千葉常胤 平清盛 大江広元 西行 北条早雲 源義朝 三浦義明 梶原景時 比企能員 和田義盛 土肥実平北条時政 北条政子

鎌倉を全部楽しむ

11月の鎌倉

極楽寺駅前アメリカ花みずき
極楽寺駅前アメリカ花みずき
覚園寺のお地蔵様
覚園寺のお地蔵様
由比ヶ浜から大島
由比ヶ浜から大島

鎌倉のイチョウ
円覚寺、長寿寺、鶴岡八幡宮、杉本寺、荏柄天神社、報国寺、
頼朝の墓(大木でしたが、切り倒されていたとの情報があります)、妙本寺


鎌倉の紅葉
円覚寺、明月院、浄智寺、東慶寺、海蔵寺、源氏山公園、長谷寺、妙本寺、
安国論寺、鶴岡八幡宮、 鎌倉宮、瑞泉寺、獅子舞の谷、建長寺、浄光明寺

鎌倉のこむらさき
円覚寺、東慶寺、海蔵寺、安国論寺、大巧寺

鎌倉のツワブキ
海蔵寺、宝戒寺、安国論寺、安養院、妙本寺

川喜多映画記念館企画展

泉鏡花没後80年
【特別展】明治・大正文藝シネマ浪漫

2019年10月11日~2020年1月13日
料金:一般300円/小・中学生150円

【映画上映2019年11月〜】
■残菊物語《デジタル修復版》
11月1日・3日
監督:溝口健二

■婦系図(おんなけいず)湯島の白梅
11月1日・3日
監督:衣笠貞之助

■特別上映:瀧の白糸《復元最長版》
≪活弁付き特別上映≫+トークイベント
11月2日
監督:溝口健二

【シネマセレクション】
■幕末太陽傳 デジタル修復版
11月4日・6日・8日・9日
監督:川島雄三

【シネマセレクション】
■兄消える
11月4日・7日・8日・10日
監督:西川信廣

【シネマセレクション】
■胸より胸に
11月6日・7日・9日・10日
監督:家城巳代治
 
  【シネマセレクション】

■あしかがまちドラマ
11月4日・6日〜10日
監督:藤橋誠

■樋口一葉
11月12日・13日・15日・16日
監督:並木鏡太郎

■華の乱
11月12日・14日・16日・17日
監督:深作欣二

■ツィゴイネルワイゼン
11月19日・20日・22日・23日
監督:鈴木清順

■陽炎座
11月19日・21日・22日・24日
監督:鈴木清順

■夢二
11月20日・21日・23日・24日
監督:鈴木清順

鶴岡八幡宮12ヶ月

11月の段葛
大きな台風が2つ、やってきて、段葛の桜は葉を散らしていた。
天皇即位(10月22日)を祝う日章旗が掲げられていた。  写真

展覧会

鎌倉文学館
「オリンピックと文学者」
会期:10月6日〜12月15日
   9:00~16:30
休館日:10月7日・11月18日・12月2日   ・12月9日
入館料:一般500円、小中学生200円

鎌倉市鏑木清方記念美術館
「泉鏡花没後80年
 清方と鏡花~
 ふたりで紡ぐ物語の世界~」
会期:10月26日〜12月1日
   9:00~17:00
休館日:月曜日(11月4日は開館)、
   11月5日・12日
入館料:一般300円、小中学生150円

イベント

■丸山稲荷社火焚祭
開催日:11月8日(金)14:00〜
開催場所:鶴岡八幡宮境内 丸山稲荷社

■写真供養感謝祭
開催日:11月9日(土)11:00〜15:00
開催場所:浄智寺

■建長寺 第2回 建長まつり
開催日:11月2日(土)~4日(月)
    9:30〜15:00
拝観料:中学生以下無料
    高校生以上500円

イベント

■円覚寺 舎利殿秋の特別公開
開催日:11月9日(土)
    9:00〜16:00
    最終日は9:00~15:30

■建長寺 宝物風入
開催日:11月2日(土)~4日(月)
    9:00〜16:00
特別拝観料:大人500円
      小・中学生300円