あるく あるける MAP & NEWS

沈黙する町並み

写真 京都平安京を造作していく時、渡来系の豪族秦氏が果たした役割は大きい。土木や養蚕の技術をもつ氏族で、葛野(いまの嵯峨野を中心にした郡)を地盤に盛んに殖産した。松尾大社や伏見稲荷大社を創設したことでも知られ、嵯峨野の太秦(うずまさ)という地名にその力の大きさが現れている。平安遷都の頃、嵯峨野が山城国の中心の1つだったこともわかる。現在の嵯峨野は嵐山、桂川、天龍寺を核にして小倉山山麓の古刹群が人気の観光地になっている。
写真

嵐電嵐山駅をでると嵯峨野のメインストリート。それを南に歩くと桂川・渡月橋があり嵐山があるが、これらを含め「嵐山」と呼ぶ。いまは1年中、人の波に洗われているが、天龍寺の庭や大河内山荘の庭、それに桂川沿いの料亭(の庭)が嵐山を借景にして「美」を競った頃もあった。


祭り

写真 秦氏は渡来系の集団といわれ、そのルーツは秦の始皇帝ともいう。河勝はその秦氏の族長的人物であったとされ、聖徳太子のブレーンとして活躍した。聖徳太子から弥勒菩薩を賜り、広隆寺を建てたことで知られている。

五山送り火

写真 京都嵐山では一番古い歴史を持つさくら餅専門店。上下2枚の葉ではさんだ白いさくら餅は、この店ならでは。10:00~18:00


おすすめMAP

地図

時代祭

京都時代祭は、明治28年の平安神宮創建時から続く行事で、京都三大祭りのひとつ。メインは時代風俗行列。山国隊の奏する笛、太鼓の音色を先頭に、明治維新から江戸、安土桃山、南北朝、鎌倉、平安遷都までの時代を遡り、約2000名、およそ2kmにわたる行列が続く。
2016年10月22日(土)雨天順延
初夏の段葛

京都を歩く

南禅寺・銀閣寺 京都御所・二条城 京都駅・東西の本願寺 三条通・錦市場・高瀬川 鞍馬・大原 清水寺・高台寺 北大路
いい日旅立ち京都