あるく あるける MAP & NEWS

東京タウンニュース

 
東京散歩 東京タウンニュース  
地図を見る地図を見る
地図
地図を見るスマホ用 地図を印刷する 地図を見るPC用 ご利用規約 Pg/b取扱説明書

石神井公園

公園の風!
桜やイチョウの若葉が緑を濃くして公園全体が緑色になると、その緑を背景に鮮やか色につつじが咲く。紫陽花が咲く。ハスがピンク色に咲く。
追っかけて、若芽だった百日紅が若葉になり、100日の間、花を咲かせる。
風はそんな花々の香りをのせて公園を吹き通っていくのだ。

葛西臨海公園(江戸川区)
2つの砂浜「西なぎさ」と「東なぎさ」が広がる臨海公園。野鳥保護のため「東なぎさ」は立入りが禁じられている。開園から現在そして未来まで、時間の経過とともに臨海部と園内がどのように育つか、きちんと設計されている公園。いま、5歳の子、15歳の青年、35歳の子ども連れのお父さんお母さん。10年、20年の後にこの公園にやって来る時を楽しみにしたい。

葛西臨海公園<br>
©(公財)東京観光財団
葛西臨海公園(江戸川区) ©(公財)東京観光財団
篠崎公園<br>
江戸川区提供画像
篠崎公園(江戸川区) 江戸川区提供画像

大田黒公園(杉並区)
http://www.hakone-ueki.com/sub/

音楽評論の先駆けとして知られる音楽評論家大田黒元雄さんの住んだ屋敷地を整備した公園。
正面の檜の門とそこから続く70m超の石畳、左右の樹齢100年を経た大イチョウ並木がまず、素晴らしい。

大田黒公園<br>
提供:中央線あるあるプロジェクト実行委員会
提供:中央線あるあるプロジェクト実行委員会
大田黒公園<br>
提供:中央線あるあるプロジェクト実行委員会
提供:中央線あるあるプロジェクト実行委員会

清澄庭園(江東区)
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index033.html

元禄期の豪商、紀伊國屋文左衛門の屋敷跡という庭園。明治時代になりを三菱の創始者岩崎弥太郎が買い取って整備、隅田川の流れを引き入れて池を造り、池の周囲に築山や名石を配置したという名庭。
※国の「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」の延長及び「新型コロナウイルス感染拡大防止のための東京都における緊急事態措置等」を受け、当面の間臨時休園

清澄庭園 ©(公財)東京観光財団
©(公財)東京観光財団

上野恩賜公園(台東区)
https://www.kensetsu.metro.tokyo.lg.jp/
jimusho/toubuk/ueno/index_top.html


徳川将軍家の菩提寺、寛永寺の境内に造られた日本初の公園。東京国立博物館、国立科学博物館、国立西洋美術館など多数の文化施設と上野動物園、不忍池などがあり、家族づれで丸々1日過ごせる広い園地になっている。幕末の激戦地だったところで戦いの遺物も多い。愛犬ツンをつれた西郷隆盛銅像が立っている。

上野恩賜公園 写真提供:台東区
写真提供:台東区

浜離宮恩賜庭園(港区)
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index028.html

銀座、築地、新橋から近い徳川将軍家の庭園だった公園。潮入の池があり中の島にはある茶屋から眺める桜が素晴らしい。
※国の「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」の延長及び「新型コロナウイルス感染拡大防止のための東京都における緊急事態措置等」を受け、当面の間臨時休園

浜離宮恩賜庭園<br>
©(公財)東京観光財団
©(公財)東京観光財団

千鳥ヶ淵緑道(千代田区)
https://visit-chiyoda.tokyo/app/spot/detail/446


千鳥ヶ淵と呼ばれる江戸城の内濠沿いにつづく緑濃い散歩道。田安門辺りから九段坂をのぼりお濠沿いに左折。桜並木が続いていて、途中、皇居一周マラソンコースと合流、半蔵門に至る。 緑道内には区営ボート場があり、観桜期には水面から桜を眺められる。


千鳥ヶ淵緑道<br>
写真提供/一般社団法人千代田区観光協会
写真提供/一般社団法人千代田区観光協会

日比谷公園(千代田区)
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index037.html

江戸城の日比谷御門外に位置する公園で、1903年、日露戦争開戦の前年にできた。野外音楽堂や公会堂、テニスコート、噴水、花壇などがある日本初の洋風近代式公園だという。なにかしら西洋の風が吹いている。



日比谷公園<br>写真提供/一般社団法人千代田区観光協会
写真提供/一般社団法人千代田区観光協会

皇居外苑(千代田区)
https://www.env.go.jp/garden/kokyogaien/
http://fng.or.jp/koukyo/

皇居外苑は徳川幕府が置かれていた旧江戸城の城郭と白鳥の泳ぐお濠を楽しめる一角で、約2000本の黒松が植えられた芝生広場は美しい。旧皇室苑地から開放された公園で勇ましい姿をした楠木正成の像がある。二重橋をバックに写真に収まった古今の人たちはそれぞれに何を思いやったのか、と思ったりする。

皇居外苑<br>
写真提供/一般社団法人千代田区観光協会
写真提供/一般社団法人千代田区観光協会

代々木公園(渋谷区)
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index039.html

表参道の坂道を上った台上にあり、標高は30m余。明治神宮と隣り合った森の中の公園になっている。また、園内を走るサイクリングコースがあり、レンタサイクルも行っている。

代々木公園<br>©(公財)東京観光財団
©(公財)東京観光財団

旧岩崎邸庭園(台東区)
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index035.html

一新された明治という時代の一翼を担った三菱財閥ゆかりに建物。岩崎久彌氏の本邸庭園だったという。
※国の「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」の延長及び「新型コロナウイルス感染拡大防止のための東京都における緊急事態措置等」を受け、当面の間臨時休園

旧岩崎邸庭園<br>
写真提供:台東区
写真提供:台東区

仙台堀川公園(江東区)
https://www.city.koto.lg.jp/spot/sendaibori.html


堀の北側に仙台藩の蔵屋敷があったことから仙台掘川という。仙台藩は、江戸市民に欠かせない米や味噌などを供給した藩で、この蔵屋敷は大きな価値があった。いま、仙台堀川公園は横十間川親水公園などとともに広大な親水公園になって、都民を慰めている。

仙台堀川公園

水元公園(葛飾区)
https://www.tokyo-park.or.jp/park/
format/index041.html


8代将軍吉宗の指示で、古利根川の一部を堰き止めて造った用水池、小合溜(こあいだめ)を中心にした水郷公園。規模が大きい。高さ20mのポプラ並木が1.2km続く道。約1800本のメタセコイアが茂るメタセコイアの森。約100品種20万本の花菖蒲が咲くはなしょうぶ園。せせらぎ広場、水辺のバードサンクチュアリーなど。心地よく過ごせる公園だ。

水元公園
©(公財)東京観光財団

蚕糸の森公園(杉並区)
https://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/
kouen/04/wada/1007372.html


「農林水産省蚕業試験所」跡地に設置された公園で子ども連れの家族が多い。公園名称は蚕糸試験場に由来、現在も煉瓦造りの旧試験場正門がある。防災公園としての機能があり、公園は防災拠点としての役割を担い隣接する杉並第十小学校の校庭と共用している。


蚕糸の森公園
提供:中央線あるあるプロジェクト実行委員会

等々力渓谷公園(世田谷区)
https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/kusei/
012/015/001/004/d00004247.html


びっくりするかもしれないが、東京23区内に存在する唯一の渓谷で、せせらぎに木道が造られており歩きやすく楽しい。樹林や湧水そして等々力不動尊など散策する環境が整っている。年間約50万人もの人が訪れるという。



等々力渓谷公園<br>
©(公財)東京観光財団
©(公財)東京観光財団

井の頭恩賜公園(武蔵野市)
https://www.kensetsu.metro.tokyo.lg.jp/
jimusho/seibuk/inokashira/index.html


「井の頭」という名称がついているように水の涌く池がある。江戸時代、この池の水が江戸市民ののどを潤した。その水は神田上水と呼ばれ現在は神田川と呼ばれて浅草橋あたりで隅田川に合流している。
この季節、花を見ながら話す人が多い。子どもを遊ばせるのに来たという家族連れ、楽しくて仕方がないという二人連れも多い。夕暮れ時になると人たちは吉祥寺の街に消えていく。 →吉祥寺MAPへ

井の頭恩賜公園

宇喜田公園(江戸川区)
https://tokyo-eastpark.com/ukita/


宇喜田公園は荒川の河口に近いスポーツ場とフラワープロムナードなどがある公園。地元の人が使う広場として知られる。近くに船堀公園、江戸川区自然動物園、そして、葛西臨海公園がある。





宇喜田公園<br>
江戸川区提供画像
江戸川区提供画像

篠崎公園(江戸川区)
https://www.tokyo-park.or.jp/park/
format/index025.html


画像を見ていただきたい。園内には高さ3メートル以上の高木が6,560本、低木が11,000株植えられている。一級河川江戸川に隣接していながら森林公園の風情がある公園。地震・津波の折、浸水の怖れがあり、江戸川高規格堤防事業が実施、続行されている。広い芝山と草地や児童遊園などがあり、周辺住民を中心に多くの人に利用されている。

宇喜田公園<br>
江戸川区提供画像
江戸川区提供画像

さきたま古墳公園(埼玉県行田市) 標高18.1m 経緯度 東経139.476467、北緯36.125843

さきたま古墳公園


5世紀後半から6世紀の間に造られた大型古墳群公園。関東平野を北から東に貫流する大河利根川のすぐ南に造られており、洪水の時には水をかぶったと思われる立地。古墳は9基あり、いずれも北東方向を向いて造られている。さきたま史跡博物館でいただいた簡単な資料にある地図を見ると、古墳群はおおむな500m四方の中に収まっているようである。
その資料を参照すると、1968年に稲荷山古墳が発掘され、金錯銘鉄剣、帯金具、まが玉などが出土した。
金錯銘鉄剣には銘文があった。鉄剣の持主はヲワケという名だとという。
ヲワケは、「ワカタケル大王(雄略天皇)に仕え天下を左治」し、その「奉事」をこの鉄剣に記したとある。
雄略天皇は仁徳天皇の孫にあたる天皇で、5世紀の後半から6世紀にかけて専制を敷き、その王権を確立したといわれている。この銘文は、雄略天皇の治世を時間的な定点にしたことで大きな意味をもった。日本古代史の年代を定める時その基準点となった。大発見である。

さきたま古墳公園
二子山古墳
さきたま古墳公園
将軍塚古墳

石神井公園(練馬区)
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index006.html

武蔵野の自然が残り、石神井城址が池畔にある三宝寺池とスワンボートが浮かぶ石神井池を中心にした公園。湧水が1つある。池のそばには、梅、辛夷、桜、ついで野生の藤、ハスが咲く。沼沢植物群落は国の天然記念物。白鷺、アオサギ、鵜、シベリアに帰らない鴨などの野鳥も住みカメラマンのみならず楽しめる。日本音百選のひとつ。
→石神井公園MAPへ

石神井公園