あるく あるける MAP & NEWS

8月カレンダー 鎌倉12月 鎌倉11月 鎌倉10月 鎌倉9月 鎌倉7月 鎌倉6月 鎌倉5月 鎌倉4月 鎌倉3月 鎌倉2月 鎌倉1月

神奈川 鎌倉・北鎌倉

 
 
地図を見る地図 鎌倉英語のMAPヘ 地図 江の島ページへ 地図 湘南海岸・江ノ電ページへ 地図 ご利用規約 地図を見るスマホ用 地図を印刷する 鎌倉中国簡体語のMAPヘ 地図を見るPC用 Pg/b取扱説明書 パスワード申請



鎌倉に吹く山風

鎌倉/8月の山風
写真極楽寺坂を上りきると藁葺きの小ぶりな山門が見えてくる。極楽寺だ。山門の前にピンクの芙蓉が揺れている。境内の佇まいがよくて1年に何度も来るお寺になった。この時期は百日紅が勢いよく咲いているのだが、今年は花芽がやっと開きかけたところだった。そのことを補うように鬼百合が勢いよく咲いていた。参拝する人が多くなく日影が楽しめた。




写真 帰り道、極楽寺坂の中ほどに小さな伽藍をもつ成就院に寄るといい。庭に咲いた蓮の花が美しい。立秋を過ぎると萩が咲く。


鎌倉/8月の海風
写真若宮大路を海に向って歩くと、一の鳥居を過ぎたあたりから、潮の香りがまざった海風が吹いてくる。間もなく由比ヶ浜だ。
由比ヶ浜に行ったのは(2019年)7月26日だった。梅雨の雲が重く垂れこめ、泳いでいる人は若い人が3組いるだけだった。
波打ち際をあるく2人の女性と海から上がってくる黒いビキニの女性がきれいだった。すこし遠目に見ていたからか艶めかしく感じられた。

夏の太陽が沈み暮れなずんでくると、鎌倉に住む人たちが自転車で由比ヶ浜にやってくる。相模湾から吹く風に体をなぶらせ休めるのだ。写真
由比ヶ浜を囲む国道を、作家立原正秋は「海岸道路」とよび小編を書いている。海岸道路の西より、坂ノ下交差点の上に「SaltyDog」という店がある。「海岸道路」の舞台になっているかどうか分らないが、板葺の店は潮と風に洗われていい感じに潮寂びている。


1180年8月
写真 平家打倒の兵を挙げた頼朝。
23日、300騎を率いて石橋山に布陣。まさに大惨敗したが、九死に一生を得て真名鶴崎から安房国へ逃げる。
安房では誰もが怪しい奴と見たが千葉氏が頼朝を助ける。源氏の棟梁という肩書が威力を発揮した。
上総に向って進軍。与力せよ!と四方八方に使いを出し次第に軍勢を増す。しかし、上総国の実力者、上総介広常は2万の兵の馳走をためらい遅参する。「内心では離反の思いを抱きながら(吾妻鏡)」参上した。どこの馬の骨とも解らない頼朝であれば当然だった。
写真しかし頼朝の強気と肩書が功を奏し、江戸川、隅田川を渡るころには葛西氏、豊島氏なども馳せ参じ軍勢は5万騎に膨れ上がったという。
やがて鎌倉。
鎌倉は頼朝から5代前の源頼義が山城国石清水八幡宮を勧請したところ。
鎌倉は海辺の貧しい村だったが、石清水八幡宮が祀られていることだけが手がかりだったのだろう。頼朝は八幡宮を遷し鶴岡八幡宮として彼の政権の中心においた。

鎌倉の英雄たち

鎌倉の英雄たち 毛利氏	畠山重忠	北条義時	後白河法皇	源頼家 源実朝 藤原秀衡 源義経 静御前 平敦盛 建礼門院 平将門 島津氏 源頼朝 秩父党 平重盛 平維盛 上総介広常 千葉常胤 平清盛 大江広元 西行 北条早雲 源義朝 三浦義明 梶原景時 比企能員 和田義盛 土肥実平 北条時政 北条政子

鎌倉を全部楽しむ

8月の鎌倉

8月の鎌倉8月の鎌倉


鎌倉の百日紅
宝戒寺、、高徳院、長浄妙寺谷寺、極楽寺、本覚寺、本興寺、来迎寺、補陀洛寺、光明寺、妙隆寺

鎌倉のフヨウ
円覚寺、明月院、海蔵寺、極楽寺、常栄寺、妙隆寺、宝戒寺、杉本寺、瑞泉寺





川喜多映画記念館企画展

【企画展】映画で巡る世界一周
2019年7月12日~10月6日
料金一般/200円

【映画上映2019年8月〜】
■パリ、テキサス
8月6日・8日・10日・11日
監督:ヴィム・ヴェンダース

■ベルリン・天使の詩
8月6日・9日・11日
監督:ヴィム・ヴェンダース

■アンダーグラウンド
8月7日・9日・10日
監督:エミール・クストリッツァ
  
■ガンジスに還る
8月20日・21日・23日・25日
監督:シュバシシュ・ブティアニ
  
■家へ帰ろう
8月20日・22日・24日・25日
監督:パブロ・ソラルス
  
【夏のシネマセレクション:ヒロシマ・ナガサキ】
■この世界の片隅に
8月12日・16日〜18日
監督:片渕須直
原作:こうの史代
  
■蜂の巣の子供たち
8月12日・16日
監督:清水宏
  
■この子を残して
8月14日・15日・18日
監督:木下惠介
  
■ひろしま デジタルリマスター版
8月14日・15日・17日
監督:関川秀雄
  

鶴岡八幡宮12ヶ月


写真

展覧会


鎌倉文華館鶴岡ミュージアム
「ぼんぼり祭の誕生1938-1955」
会期:

8月1日〜8月25日
   10:00~16:30
休館日:月曜日(祝日、8月12日は開館)
入館料:一般300円、小中学生100円

鎌倉文学館
「角野栄子の世界」
会期:7月13日〜9月23日
   9:00~17:00
休館日:月曜日(祝日、8月19日は開館)
入館料:一般500円、小中学生100円

鎌倉市鏑木清方記念美術館
「清方、若き日の歩み
 -明治・大正の画業を中心に-」
会期:7月6日〜8月25日
   9:00~17:00
休館日:月曜日(7月15日、8月12日は開館)、7月16日、8月13日
入館料:一般200円、小中学生無料

■鎌倉歴史文化交流館
「鎌倉グルメ in 中世」
会期:5月25日〜8月31日
   10:00~16:00
休館日:日曜・祝日
入館料:一般300円、小中学生100円

イベント

かまくら長谷の灯かり
日時:8月19日~8月25日
   18:30~20:30(最終入場20:00)
場所:高徳院・光則寺・極楽寺・収玄寺・長谷寺・甘縄神明宮・御霊神社・鎌倉文学館・極楽寺駅など

鎌倉の歳時記・花

鎌倉NEWS:毎年10月開催の「2019ふじさわ江の島花火大会」の開催中止が決定しました。