あるく あるける MAP & NEWS

神奈川 鎌倉・北鎌倉

 
 
地図を見る地図 鎌倉英語のMAPヘ 地図 鎌倉標高MAPページへ 地図 江の島ページへ 地図 湘南海岸・江ノ電ページへ 地図 ご利用規約 地図を見るスマホ用 地図を印刷する 鎌倉中国簡体語のMAPヘ 地図を見るPC用 Pg/b取扱説明書 パスワード申請

二の鳥居

鎌倉・晩夏
海蔵寺
2021年8月26日。秋の気配があるだろうかと鎌倉に向った。鎌倉は快晴だった。海風が吹いていて、池袋から15分の町より余ほど涼しいが、じりじりと肌を焼いて暑い。
駅前で2時間の予定でレンタサイクルして走り出す。自転車の調子がよくない。海蔵寺につづく坂を登るのに苦戦する。汗が吹きだす。
海蔵寺はいつも通り爽やかに参拝者を迎えていた。お目当ての萩が門前に雪崩れていた。萩は秋を感じさせるやや低い温度になると花が開く。今日は暑くてうす紫色の花粒は少ない。ほかに桔梗、芙蓉が鮮やかに咲いていた。紫式部の実がすこし紫色になっていた。

海蔵寺門前
海蔵寺門前
海蔵寺境内紫式部
海蔵寺境内紫式部


極楽寺
極楽寺
鎌倉駅から江ノ電に乗った。ここ1年、乗客が大きく減った。客数は丁度いい具合と思うが寂しくもある。極楽寺駅で下りてお寺に向う。3分。境内の百日紅にたくさんのピンクの花がついていた。この夏のピークだろうと思うが、百日紅のピークは長い。
同じ境内、萩の花粒をすこし見ることができたがほかの花は終っていた。1ヶ月もしないうちに彼岸花が出る辺りをじーと見たが何の兆しもなかった。

成就院参道
成就院参道
極楽寺桜並木
極楽寺桜並木
妙本寺の彼岸花
妙本寺の彼岸花



由比ヶ浜
由比ヶ浜極楽寺坂をゆるゆると下り、いつものように由比ヶ浜の波打ち際で持ってきたおにぎりを食べる。水遊びをする子どもたちと若い人が多かった。
結局、鎌倉に秋の気配はなくて行く夏を惜しむような風情が漂う鎌倉であった。

妙本寺

妙本寺
妙本寺
近ごろ、祖師堂の縁側で弁当をひろげる人が多くなった。この季節、境内に咲くノーゼンカズラを見ながら話に花が咲く。

源頼朝・妻北条政子(3)

頼朝とその妻・政子 頼朝と政子は4人の子を成している。
1180年8月頼朝挙兵。初戦は惨敗したが源氏の棟梁の名を巧みに使いまわし頼朝は兵を募った。畠山重忠など平家に従っていた武士たちも参集しその軍士は幾千万とも知れずと吾妻鑑にある。同年10月6日、源氏ゆかりの地、鎌倉に入った。頼朝は「幕府」を作り「八幡神」を祀った。頼朝は源氏の勝利を確信しただろう。
頼朝挙兵の折に伊豆山神社に疎開していた政子が10月11日に合流。疎開していた時のことを「君の生死もわからず日夜魂も消えるような気持ちでした」とのちに語っているが、その再会から頼朝の亡くなる1199年までの時間帯、政子は幸せだったろうと想像する。
再会ののち頼朝は休む間もなく平家と戦うため富士川に出陣、勝利。さらに佐竹氏など関東で自分にまつろわない勢力を平らげる戦いをしている。革命のはじめは誰でもいつでも忙しい。それでも長男頼家が1182年9月に誕生。
追い詰めていった平家を、1185年4月、壇ノ浦に沈め滅亡させる。
1186年に乙姫が誕生。次男実朝の誕生は1192年になる。
鎌倉にいながらにして戦った頼朝だから戦場を駆け回ることはなかったが、1185年に守護地頭の任免権を獲得するなど革命ののちの組織づくりと軍事力の確立にエネルギーを費やしていた。しかし、頼朝の正室として過している政子の周りの空気はまだ静かだったように思える。
二代将軍になった頼家を修善寺に閉じ込め、権力の中心が北条義時に向ってすこしづつ動き始める。否応なく引きずりこまれていく政子。尼将軍と呼ばれ三大悪女にあげられる北条政子。彼女の鼓動は、この時、まだ我々に聞こえてこない。

鎌倉の英雄たち

鎌倉の英雄たち 毛利氏	畠山重忠	北条義時	後白河法皇	源頼家 源実朝 藤原秀衡 源義経 静御前 平敦盛 建礼門院 平将門 島津氏 源頼朝 秩父党 平重盛 平維盛 上総介広常 千葉常胤 平清盛 大江広元 西行 北条早雲 源義朝 三浦義明 梶原景時 比企能員 和田義盛 土肥実平北条時政 北条政子

鎌倉を全部楽しむ

初秋の鎌倉

極楽寺駅
極楽寺駅
小町通り
小町通り

江ノ電 由比ヶ浜駅〜長谷駅間


鎌倉の百日紅
宝戒寺、浄妙寺、高徳院、長谷寺、極楽寺、本覚寺、本興寺、来迎寺、
補陀洛寺、光明寺、妙隆寺

鎌倉のハギ
宝戒寺、海蔵寺、浄光明寺、鶴岡八幡宮、瑞泉寺、東慶寺、浄智寺、成就院、
極楽寺、高徳院(鎌倉大仏)
宝戒寺の萩は、白い花が咲きます。

鎌倉の彼岸花
東慶寺、浄智寺、海蔵寺、英勝寺、宝戒寺、長谷寺、瑞泉寺、浄光明寺、
妙本寺、極楽寺
英勝寺には白い彼岸花があります。


鎌倉のシュウメイギク
東慶寺、浄智寺、海蔵寺、浄妙寺、瑞泉寺

鶴岡八幡宮秋の例大祭

写真 西行が、東大寺大仏殿復興の勧進のため奥州藤原氏を訪ねる途中、鎌倉に立ち寄った。吾妻鏡1186年8月15日、西行の弓馬の腕を知る頼朝がその技を指南してくれるよう所望。渋々だったが西行はその技を披露したといわれる。西行頼朝のファンはこのことが流鏑馬を復活させたと思いたいらしい。1年後、吾妻鏡1187年8月15日、流鏑馬があり、特に、幕府の囚人になっていた諏方盛澄が神業を連発したことが記されている。これが流鏑馬の始まりだという。
鶴岡八幡宮 例大祭:毎年9月14日〜16日開催



新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止のため、開催イベントの中止や延期がある可能性がございます。おでかけの際は事前にご確認ください。

川喜多映画記念館企画展

【企画展】
映画祭のすゝめ
~ぐるり映画ポスターの旅~

2021年6月25日~9月12日
料金:一般200円/小・中学生100円

【特別展】
田中絹代
ー女優として、監督として
2021年9月17日~12月12日
料金:一般400円/小・中学生200円

<映画上映2021年9月〜>
■COLD WAR あの歌、2つの心
8月31日~9月5日
監督:パヴェウ・パヴリコフスキ
出演:ヨアンナ・クーリク、トマシュ・コット、アガタ・クレシャ、ジャンヌ・バリバール

■東ベルリンから来た女
8月31日~9月5日
監督:クリスティアン・ペッツォルト
出演:ニーナ・ホス、ロナルト・ツェアフェルト、ヤスナ・フリッツィ・バウアー ■はちどり
9月7日、8日、10日、11日
監督:キム・ボラ
出演:パク・ジフ、キム・セビョク、イ・スンヨン、チョン・インギ、パク・スヨン

■パラサイト 半地下の家族
9月7日、9日~12日
監督:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン

■オアシス
9月8日、9日、12日
監督:イ・チャンドン
出演:ソル・ギョング、ムン・ソリ、アン・ネサン、チュ・グィジョン、リュ・スンワン

■ゆきゆきて、神軍
8月9日、11日~15日
監督:原一男
出演:奥崎謙三、奥崎シズミ

■さらば、わが愛/覇王別姫
8月17日~20日、22日
監督:チェン・カイコー
出演:レスリー・チャン、チャン・フォンイー、コン・リー

■帰れない二人
8月17日~22日
監督:ジャ・ジャンクー
出演:チャオ・タオ、リャオ・ファン、ディアオ・イーナン、フォン・シャオガン、シュー・ジェン

写真

9月の段葛
桜の葉が色づき始めた段葛

特別公開

■鶴岡八幡宮 例大祭・神幸祭
2021年9月14日~16日
宵宮祭:9月14日18:00〜
例大祭:9月15日10:00〜
神幸祭:9月15日13:00〜
鈴虫放生祭:9月16日15:00〜
2021年の流鏑馬神事は中止となりました。
※2021年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、内容を一部変更し執り行われます。

■鎌倉市観光総合案内所
(JR鎌倉駅東口・みどりの窓口横)
7月22日~8月31日まで閉所

展覧会

【鎌倉文学館】
■特別展
子どもたちへ、未来へシリーズ10
「とよたかずひこの世界」
会期:7月10日~9月20日
開館時間:9:00 ~ 17:00
     ※入館は30分前まで
休館日:月曜日(祝日は開館)
入館料:一般500円、小中学生100円

【鎌倉市鏑木清方記念美術館】
■幽玄の美に誘われて
~泉鏡花と清方の出会い~
会期:8月28日~10月19日
開館時間:9:00 ~ 17:00
※最終入館は30分前まで
換気清掃時間:13:00~13:30
(一時閉館するため、ご入館いただけません)
休館日:毎週月曜日(9月20日は開館)、9月21日
入館料:一般 200円、
    小・中学生 100円

【神奈川県立近代美術館 鎌倉別館】
改修工事のためカフェ、庭園を含め休館中