あるく あるける MAP & NEWS

神奈川 鎌倉・北鎌倉

 
 
地図を見る地図 鎌倉英語のMAPヘ 地図 江の島ページへ 地図 湘南海岸・江ノ電ページへ 地図 ご利用規約 地図を見るスマホ用 地図を印刷する 鎌倉中国簡体語のMAPヘ 地図を見るPC用 Pg/b取扱説明書 パスワード申請

荏柄天満

初詣という時、
鎌倉にはたくさんの神社とお寺がある。どこにお参りするか決めている人も多いだろう。初春の参拝者が250万人を超えるという鶴岡八幡宮。建長寺、円覚寺などキタカマ(北鎌倉)のお寺。静かにお参りしたい人が推す光明寺、極楽寺、瑞泉寺など。様々に名前があがるが、お参りした先のお寺や神社あるいはその帰り道に初春の花を楽しみたい。
この季節、水仙、梅が多いが、光則寺、瑞泉寺のミツマタなどは微妙で捨てがたく、それらをあげてみた。

 
1)鶴岡八幡宮には梅と寒牡丹
鶴岡八幡宮には梅と寒牡丹
2)大倉御所跡角の石板から頼朝公の墓に向う時の道端の水仙
3)受験生に人気の荏柄天神社の梅
受験生に人気の荏柄天神社の梅
4)覚園寺の梅 
覚園寺の梅
5)瑞泉寺のセンリョウとミツマタ、水仙、椿
瑞泉寺のセンリョウとミツマタ、水仙、椿

6)比企谷妙本寺の水仙と梅
比企谷妙本寺の水仙と梅
 
7)極楽寺の水仙と梅
極楽寺
8)光則寺の梅、ミツマタ 
9)長谷寺の梅 
10)葛原岡神社の梅 
11)光明寺の梅 
12)扇ガ谷海蔵寺の梅
扇ガ谷海蔵寺の梅

鎌倉の町

由比ヶ浜
由比ヶ浜

頼朝旅人が鎌倉の町で「見つけたい」と思うのは、町のそこここに漂っている鎌倉幕府とそれを成立させた源頼朝(とその郎党たち)の「圧縮された空気」なんだろうと思う。
鎌倉幕府があったという痕跡は鶴岡八幡宮。室町幕府・足利時代以降にすこしづつ形が明らかになっていく「城郭」にあたると思われ、政務が行われた大倉御所とセットで幕府であった。
軍事、裁判、公文書の保管を司った建物などは残っていない。それがあったことを示す石板があるだけである。
ただ、頼朝が突然亡くなったあと、政子や北条執権家が造った寺は多い。建長寺や円覚寺などの臨済宗のお寺たちで、堂々とした寺格を誇りながら鎌倉幕府の匂いを放っている。
1181年正月、頼朝は忙しい。挙兵してから5ヶ月、幕府を創建してから3ヶ月である。
八幡宮と大倉幕府の造作、鎌倉の町の整備と幕府をゆるぎないものにするための軍事で多忙であった。
木曽義仲平清盛が1181年2月に没した後あと、強いリーダーを失った平家は下り坂になる。が、水軍をもつその戦闘力は残し反撃の機会を狙っていた。
そして木曽義仲。頼朝と根が同じ。源氏である。義仲は平家打倒をかかげ北陸道を走り都を目指していた。平家の戦力の多さに苦戦続きだったが、倶利伽羅峠の戦い、篠原の戦いを転機として盛り返した。頼朝にとっては見過ごせない状況だった。

鎌倉の英雄たち

鎌倉の英雄たち 毛利氏	畠山重忠	北条義時	後白河法皇	源頼家 源実朝 藤原秀衡 源義経 静御前 平敦盛 建礼門院 平将門 島津氏 源頼朝 秩父党 平重盛 平維盛 上総介広常 千葉常胤 平清盛 大江広元 西行 北条早雲 源義朝 三浦義明 梶原景時 比企能員 和田義盛 土肥実平 北条時政 北条政子

鎌倉を全部楽しむ

正月の鎌倉 akemashite

鎌倉の紅葉
時期は1月中旬〜2月中旬
円覚寺、明月院、覚園寺、杉本寺、海蔵寺、東慶寺、浄智寺、英勝寺、浄光明寺、鶴岡八幡宮(神苑牡丹園)、荏柄天神社、瑞泉寺、十二所果樹園、宝戒寺、妙本寺、安国論寺、光明寺、光則寺 、長谷寺


鎌倉のスイセン
時期は〜1月下旬まで
浄智寺、海蔵寺、英勝寺、浄妙寺、瑞泉寺、宝戒寺、大蔵幕府跡

川喜多映画記念館企画展

泉鏡花没後80年
【特別展】明治・大正文藝シネマ浪漫

2019年10月11日~2020年1月13日
料金:一般300円/小・中学生150円

【映画上映2019年12月〜】
■宮本武蔵
1月7日、8日、10日、12日
監督:内田吐夢
原作:吉川英治
出演:中村錦之助、木村功、浪花千栄子、入江若葉、三國連太郎

■宮本武蔵 一乗寺の決斗
1月7日、9日、10日、12日
監督:内田吐夢
原作:吉川英治
出演:中村錦之助、木村功、入江若葉、平幹二朗、江原真二郎

■特別上映:鞍馬天狗
活動弁士・澤登翠の
かまくら活弁&トーク
1月11日
監督:山口哲平
原作:大佛次郎
出演:嵐寛寿郎、山本礼三郎、五味国枝、尾上松緑


 

鶴岡八幡宮12ヶ月

1月の段葛
1182年3月に政子が懐妊する。頼朝はそれを祝い「参詣の道」を造った。現在の段葛である。(吾妻鏡による)  写真

展覧会

鎌倉文学館
「作家と歩く鎌倉
 その4 長谷・稲村ガ崎方面」
会期:12月21日〜4月12日
9:00~16:30(12月~2月)
9:00~17:00(3月~4月)
休館日:月曜日(1月13日、2月24日は開館)、年末年始(12月29日~1月3日)
入館料:一般300円、小中学生100円
主催:鎌倉文学館指定管理者
鎌倉市芸術文化振興財団・国際ビルサービス共同事業体
鎌倉市鏑木清方記念美術館
「清方、新春を寿ぐ」
会期:12月6日〜2020年1月13日
   9:00~17:00
休館日:月曜日(1月13日は開館)、
12月29日~2020年1月3日
入館料:一般200円、小中学生100円

「物語に魅せられて
~清方の芝居絵を中心に~」
会期:12月6日〜2月25日
   9:00~17:00
休館日:月曜日(2月24日は開館)
入館料:一般200円、小中学生100円