あるく あるける MAP & NEWS

神奈川 鎌倉・北鎌倉

 
 
地図を見る地図 鎌倉英語のMAPヘ 地図 江の島ページへ 地図 湘南海岸・江ノ電ページへ 地図 ご利用規約 地図を見るスマホ用 地図を印刷する 鎌倉中国簡体語のMAPヘ 地図を見るPC用 Pg/b取扱説明書 パスワード申請


小春日和の穏やかな1日

小春日和の穏やかな1日
2019年11月15日、秋がどんな具合に熟れているか、小春日和の穏やかな日差しの中、鎌倉をあるいた。海外から来ている人が多い。台湾からと大陸からの人プラス欧米人。
鎌倉になにを期待していますか?

鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮の朱色の伽藍と鎌倉大仏、という。YORITOMOは知っていますか?知っている人は少ない!
遠足に来ている日本の中高校生は頼朝を知っていた。海外からの人たちにも鎌倉の町の生い立ちを知っていてほしい。
筆者はいつものようにサイクル&ウォーク。

海蔵寺
海蔵寺
鎌倉駅からレンタサイクル。二の鳥居から一の鳥居まで段葛を歩き左折。川喜多映画記念館を見ながら、駅の北西方向になる海蔵寺へ。海蔵寺はいつもやさしい。




瑞泉寺
瑞泉寺
折り返して八幡様の前を通り、町の北東にある瑞泉寺。境内が紅葉していた。皇帝ダリアの淡いピンクの花が咲いていた。皇帝ダリアの花言葉は「乙女の真心」。

永福寺跡
永福寺跡
帰りはいつものように永福寺跡でお弁当。山茶花が蕾をつけていた。










妙本寺
妙本寺
円覚寺
円覚寺
長寿寺
長寿寺
秋をさがして11月30日にもう一度鎌倉に来た。いい天気で気持よかった。
仁王門前のもみじの紅葉を見たくて妙本寺まであるいた。紅葉を期待してか、参拝する人がいつもの10倍くらい多かった。
庭を開放していると聞き、帰りに北鎌倉駅で下車、円覚寺門前を通り長寿寺に寄った。足利尊氏を祀る禅寺で小ぶりだが小気味のいいお寺だった。次は春に庭を開くそうでお奨めしたい。


1180年の12月
源頼朝は大倉御所に入り幕府(以後、幕府で統一する)を開いた。10月に造作をはじめた御所(以後、幕府で統一する)ができたのだ(吉川弘文館刊行/吾妻鏡参照。以下同)。同じ時期に造りはじめた鶴岡八幡宮にもたくさんの大工が入り、鎌倉の人たちはその槌音を聞いただろう。(翌1181年7月に上棟式が行なわれている)。
幕府に頼朝の一党が入るのを大勢の人が見ており、それは頼朝の力を誇示する儀式になった。
頼朝はこの種の儀式を大切なものとしていた。この時の列は、先頭に頼朝、つづいて侍所の初代別当和田義盛、伊豆の頃からの功臣であり政子の父北条時政、安房に逃げた頼朝を助けた千葉常胤、安房に逃げる際に船を用意した土肥実平などがつづき、最後尾に畠山重忠がいた。
そのころの天下を見てみよう。
木曽で育った義仲が平家打倒の準備のため信濃に移る。
清盛の5男平重衡によって東大寺、興福寺が焼かれる。清盛が翌1181年閏2月に亡くなる。富士川の戦いに負け急坂を転げ落ち始めた平氏はよろめいていた。
頼朝が鎌倉に幕府を開いたことで、時代をめくる速度が速くなり、混沌の世界に突入しはじめていた。英雄 源頼朝 和田義盛 北条政子 北条時政 千葉常胤 土肥実平 畠山重忠	平清盛

鎌倉の町

覚園寺のハス由比ヶ浜から鶴岡八幡宮に向ってまっすぐ若宮大路を伸ばし、一の鳥居に突き当たったところでT字型に一条の道、横大路を東西に引いた。そして若宮大路の両脇に小町大路と今小路を通して、頼朝は「鎌倉」の町を造ろうとしたようである。
横大路の西の端に和田義盛の屋敷が建ちそこから南方一帯に北条武士たちの屋敷が建っていったとされている。また、八幡宮から幕府に向うあたりに畠山重忠の屋敷があり、北条義時の屋敷も横大路に面して建っていた。頼朝が一声かければすぐに駆けつけられるところに若い家臣たちがシフトされていた。

鎌倉の町
「MAPの中には物語がある」と我々は考えている。
英雄、英傑がMAPの上で激しく息を吐き、突き進んでいく。時に大敗を喫っする彼らが見た風景を想像しながら、その物語を紹介したいと思っている。もちろん、時代とともに動く町人や農民の動きも加わる。
鎌倉は頼朝の匂いが染みついている。頼朝が鎌倉の縄張りをしMAPを作った。鎌倉の町にくる旅人達は源氏の嫡流頼朝に会いに来るのだ。彼が動き回った鎌倉の町に立って追体験をしたいのだろう。
伊豆に流されて25年、挙兵して20年。天下の主役になり、武家による幕府を作った頼朝。
そして頼朝が挙兵するやいなや、一気に流れに乗り、エネルギーを噴出させた開墾地主たち。頼朝がつくる時代を知っていたかのように関東台地に跋扈していた。
小田原から赤城山、那須野まで、酒匂川、多摩川、荒川、利根川、那珂川などの流域を開墾して独立地主になっていた。

鎌倉の英雄たち

鎌倉の英雄たち 毛利氏	畠山重忠	北条義時	後白河法皇	源頼家 源実朝 藤原秀衡 源義経 静御前 平敦盛 建礼門院 平将門 島津氏 源頼朝 秩父党 平重盛 平維盛 上総介広常 千葉常胤 平清盛 大江広元 西行 北条早雲 源義朝 三浦義明 梶原景時 比企能員 和田義盛 土肥実平 北条時政 北条政子

鎌倉を全部楽しむ

11月の鎌倉


瑞泉寺


鎌倉の紅葉
円覚寺、明月院、浄智寺、東慶寺、海蔵寺、源氏山公園、長谷寺、妙本寺、
安国論寺、鶴岡八幡宮、 鎌倉宮、瑞泉寺、獅子舞の谷、建長寺、浄光明寺


鎌倉のスイセン
時期は〜1月下旬まで
浄智寺、海蔵寺、英勝寺、浄妙寺、瑞泉寺、宝戒寺



鎌倉の歳時記・花

鎌倉NEWS:長谷寺では紅葉のライトアップが行われています。12月8日まで

川喜多映画記念館企画展

泉鏡花没後80年
【特別展】明治・大正文藝シネマ浪漫

2019年10月11日~2020年1月13日
料金:一般300円/小・中学生150円

【映画上映2019年12月〜】
■濹東綺譚
12月3日、4日、6日、7日
監督:豊田四郎
原作:川端康成
出演:池部良、岸惠子、八千草薫、森繁久彌、市原悦子

■細雪
12月3日、5日、6日、8日
監督:市川崑
原作:谷崎潤一郎
出演:岸惠子、佐久間良子、吉永小百合、古手川裕子、石坂浩二

■雪国
12月4日、5日、7日、8日
監督:豊田四郎
原作:川端康成
出演:池部良、岸惠子、八千草薫、森繁久彌、市原悦子

■路傍の石
12月10日、11日、13日、14日
監督:久松静児
原作:山本有三
出演:原節子、太田博之、森繁久彌、三橋達也

■地上
12月10日、12日、13日、15日
監督:吉村公三郎
原作:島田清次郎
出演:川口浩、野添ひとみ、香川京子、田中絹代

■何が彼女をそうさせたか
12月11日、12日、14日、15日
監督:鈴木重吉
原作:藤森成吉
出演:高津慶子、藤間林太郎、小島洋々、牧英勝、浜田格  

鶴岡八幡宮12ヶ月

12月の段葛
景色を変えてみたくて中ほどから八幡宮に向って写真を撮った。  写真

展覧会

鎌倉文学館
「オリンピックと文学者」
会期:10月6日〜12月15日
   9:00~16:30
休館日:10月7日・11月18日・12月2日   ・12月9日
入館料:一般500円、小中学生200円

鎌倉市鏑木清方記念美術館
「清方、新春を寿ぐ」
会期:12月6日〜2020年1月13日
   9:00~17:00
休館日:月曜日(1月13日は開館)、
12月29日~2020年1月3日
入館料:一般200円、小中学生100円

イベント

■長谷寺 秋の夜間特別拝観
開催日:11月23日~12月8日
平日/日没~18:00閉門
土・日・祝日/日没~18:30閉門
拝観料:大人400円 小学生200円

■歳の市
開催日:12月16日
    10:00〜20:00頃まで
開催場所:長谷寺門前、長谷寺

■御鎮座記念祭
開催日:12月16日
【祭典】10:00
【御神楽】17:00
開催場所:鶴岡八幡宮

■大祓・古神札焼納祭・除夜祭
開催日:12月31日
【大祓】11:00、13:00、15:00
【古神札焼納祭】16:00
【除夜祭】17:00