あるく あるける MAP & NEWS

神奈川 鎌倉・北鎌倉

 
 
地図を見る地図 鎌倉英語のMAPヘ 地図 鎌倉標高MAPページへ 地図 江の島ページへ 地図 湘南海岸・江ノ電ページへ 地図 ご利用規約 地図を見るスマホ用 地図を印刷する 鎌倉中国簡体語のMAPヘ 地図を見るPC用 Pg/b取扱説明書 パスワード申請

小春日和の穏やかな1日

薬師堂ケ谷を突き当たると形のいい山門が見える

二階堂・覚園寺
細い流れが歩く人たちを慰めてくれる薬師堂ケ谷を突き当たると形のいい山門が見える北条義時ゆかりのお寺。初夏に咲くピンクの蓮の花と紅葉が楽しませてくれる。天園ハイキングコースに上る道と分岐する、紅葉を楽しみ下りてきたハイカーと合流する道でもある。
川端康成が住んだという二階堂325番地が道沿いにあると伝わっているがどこか(?)

20211125覚園寺
20211125覚園寺
20211115薬師堂ケ谷
20211115薬師堂ケ谷


扇が谷・海蔵寺
20211125海蔵寺参道
20211125海蔵寺参道


20211125海蔵寺
20211125海蔵寺
北条政子と源実朝が眠る墓のある寿福寺を左に見て進むと横須賀線のアンダーパスがある。右に行くと薬王寺、浄光明寺。左に折れてゆるやかな坂を海蔵寺まで上る。
穏やかで緑が濃い。この時期は参道にかぶさるようなもみじが美しい。
海蔵寺は1年を通じて日当りがよくそれぞれの季節の花が咲く感じのいいお寺。庭の手入れがいいのも花にはgood!花の芽が次々に出てくる。12月の中ごろから水仙が芽を出し千両の赤い実が輝く。


比企谷・妙本寺
仁王門に差し掛かるもみじが紅くなっているだろうと思って行った2021年11月25日。残念ながら写真のように緑だった。ここまで上って来た人の中には筆者と同様に紅いもみじを楽しみにしていた人もいただろう。が、祖師堂の気持のいい縁でお弁当を食べて満足ということだったかもしれない。
鎌倉幕府を成立させたその初期の決定的な戦いは「石橋山の戦い(1180年)と承久の乱(1221年)」、そしてその間に起きた「比企能員の変(1203年)」をあげたい。100年を越えて日本を治めた北条氏の居場所が作られた戦いと思われる。
その比企氏はこのあたりの谷(やつ)に住まわっていた。一党のお墓は、案外に堂々として、参拝する我々を見ている。そのような気がする。
北条政子は、比企能員の変の前後、頼家の嫡男一幡を抱いて逃げたことがある。別の折には千幡のちの三代将軍実朝を抱いて逃げたともいう。政子はそういう人だったようだ。
その頃すでにあったのか後代の建立なのか、鐘楼がポツンとあり、あたりの紅葉を盛り上げていた。
20211125妙本寺鐘楼
20211125妙本寺鐘楼
20211125妙本寺仁王門
20211125妙本寺仁王門

夕映の富士
標高の高い稲村ケ崎の上から見た富士山の夕映。オレンジ色の夕映の光の中を海鵜と鴎が飛んでいた。
その日の風は強く海鵜と鴎は競うように一直線に伸ばした体で、F1車のようなスピードで海面に向って落ちていった。多くのウとカモメが何度も何度も落ちていく。が、途中、くるりと体を回す。そして、風に向って羽を広げ、ヘリコプターがホーバリングをするように宙に止る。そして、目をキョロキョロさせ「俺が一番かっこいい!」という風にしている。海鵜と鴎は風乗りをして遊んでいた。 
20211125夕映の富士に海鵜
20211125夕映の富士に海鵜
夕映の富士
夕映の富士


北条政子と義時(6)

権力の中枢に足を踏み入れる政子。姿を見せ始めた北条義時
頼朝とその妻・政子 政子は初め、権力闘争を眺めるだけで、中立ないし孤高の存在だったようである。
頼朝の死の直後からの権力の移ろいを見ながら政子のポジショニングを見てみたい。
頼朝の亡くなった(1199年1月)当初、権力を踏襲した二代将軍源頼家を中心に幕府は動いていた。当然だろう。17歳の頼家を、頼朝の腹心梶原景時、頼朝挙兵の時からその軍事力の主力を占めていた北条時政、頼朝の乳母比企尼の甥比企能員などが取り囲んでいた。弟義時は時政のそばにいただろう。
梶原景時は偏執的な讒言癖が元で1199年11月に追放され、その結果、1200年になって大きく2つの軍隊が露出する。時政軍と比企軍である。巨大な潜在軍事力を構成する関東の御家人たちは自らの家を守ることのみを考えそれぞれの軍に吞み込まれていった。
勝手気ままに権力を振り回す将軍頼家を押さえつけ、御家人13人による合議制を作ってその権力を伸ばそうとする北条時政、娘のちの若狭局が頼家の嫡男一幡を産み、源氏の外戚となった比企能員。どちらが権勢欲が強くその組織を大きくしていたか。のちに三代将軍になる実朝もこの綱引きに取り込まれるのだがこの時点で形になっていない。
比企能員が頼家に近づきすぎていることを時政は警戒した。中立気味だった政子も若狭局と一幡をジャンピングボードにして勢力を蓄える比企氏を見ていい気分ではなかっただろう。義時はもちろんだ。
事態の打開に初めに動いたのは時政だった。1203年9月2日、比企能員を自宅に招いて謀殺したのだ。直截で解り易いやり方だ。が、しかし、北条氏の編集する「吾妻鑑」の記述は異なる。
比企能員が若狭局を通じて、嫡男一幡の安寧のため「遠州(時政)の追討」を頼家に言上したことがことの始りだという。能員を謀殺した同じ1203年9月2日の朝のこととある。時政追討の密事は尼御台所(政子)が障子を隔てて秘かに聞き、書状にしたため、自邸に帰る時政に献上したと記している。
比企氏の乱の勃発である。政子からの知らせを聞いた時政は轡(くつわ)を廻らし、公文所政所別当中原(大江)広元にこのことを報告、能員の征伐を決意したとある。その配慮が心憎い。
障子の影にいて一方のはかりごとを聞き、一方に知らせるというのがこの時間帯の政子のポジションであった。

鎌倉の英雄たち

鎌倉の英雄たち 毛利氏	畠山重忠	北条義時	後白河法皇	源頼家 源実朝 藤原秀衡 源義経 静御前 平敦盛 建礼門院 平将門 島津氏 源頼朝 秩父党 平重盛 平維盛 上総介広常 千葉常胤 平清盛 大江広元 西行 北条早雲 源義朝 三浦義明 梶原景時 比企能員 和田義盛 土肥実平 北条時政 北条政子

鎌倉を全部楽しむ

11月の鎌倉


江ノ電 由比ヶ浜駅〜長谷駅間

成就院前から由比ヶ浜20211125
成就院前から由比ヶ浜20211125
20211125入り日と富士山
20211125入り日と富士山

20211125永福寺跡
20211125永福寺跡
20211125波にやられた筆者
20211125波にやられた筆者


鎌倉の紅葉
円覚寺、明月院、浄智寺、東慶寺、海蔵寺、源氏山公園、長谷寺、妙本寺、
安国論寺、鶴岡八幡宮、 鎌倉宮、瑞泉寺、獅子舞の谷、建長寺、浄光明寺


鎌倉のスイセン
時期は〜1月下旬まで
浄智寺、海蔵寺、英勝寺、浄妙寺、瑞泉寺、宝戒寺


新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止のため、開催イベントの中止や延期がある可能性がございます。おでかけの際は事前にご確認ください。

イベント

■歳の市
開催日:12月18日
    10:00〜20:00頃まで
開催場所:長谷寺門前、長谷寺

■御鎮座記念祭
開催日:12月16日
【祭典】10:00
【御神楽】17:00
開催場所:鶴岡八幡宮

■大祓・古神札焼納祭・除夜祭
開催日:12月31日
【大祓】11:00/13:00/15:00
【古神札焼納祭】16:00
【除夜祭】17:00

川喜多映画記念館

【特別展】
田中絹代
ー女優として、監督として
2021年9月17日~12月12日
料金:一般400円/小・中学生200円

<映画上映2021年12月〜>
■映画をつくる女性たち 他 2作
12月4日〜5日
●映画をつくる女性たち
監督:熊谷博子
●日本初の女性映画監督 坂根田鶴子を追って
監督:熊谷博子
●開拓の花嫁
監督:坂根田鶴子

■西鶴一代女
12月8日、10日、12日
監督:溝口健二
出演:田中絹代、山根寿子、三船敏郎、宇野重吉、菅井一郎、進藤英太郎、大泉滉、清水将夫、加東大介、松浦築枝、沢村貞子

■浪華悲歌
12月8日、11日
監督:溝口健二
出演:山田五十鈴、梅村蓉子、大久保清子、志賀廼家弁慶、進藤英太郎、原健作、志村喬

■雨月物語
12月9日、12日
監督:溝口健二
出演:京マチ子、水戸光子、田中絹代、森雅之、小沢栄太郎、青山杉作、羅門光三郎、香川良介、上田吉二郎、南部彰三

■山椒大夫
12月9日、10日、11日
監督:溝口健二
出演:田中絹代、花柳喜章、香川京子、進藤英太郎、河野秋武、香川良介、三津田健、浪花千栄子、見明凡太郎、菅井一郎

鶴岡八幡宮12ヶ月

12月の段葛
小春日和の日差しの中、桜の芽が膨らんでいるように思われた。    写真

由比ヶ浜12ヶ月

由比ヶ浜の満ち潮引き潮
気象庁の潮位表へ

展覧会

【鎌倉文学館】
■特別展
来鎌105年
「芥川龍之介と鎌倉-心の軌跡」
会期:10月3日~12月23日
開館時間:9:00 ~ 16:30
※入館は30分前まで
休館日:月曜日(祝日は開館)、
10月4・8・25日、11月1・8日は開館
入館料:一般500円、小中学生200円

【鎌倉市鏑木清方記念美術館】
■特別展
華やぐ舞台と女性
~新春 押絵羽子板とともに~
会期:〈前期〉12月2日~12月19日
〈後期〉12月22日~2022年1月10日
開館時間:9:00 ~ 17:00
※最終入館は30分前まで
換気清掃時間:13:00~13:30
(一時閉館するため、ご入館いただけません)
休館日:毎週月曜日、(1月10日は開館)、 12月21日、12月29日~1月3日
入館料:一般 200円、小・中学生 100円

【神奈川県立近代美術館 鎌倉別館】
■フィリア―今 道子
会期:11月23日~2022年1月30日
開館時間:9:00 ~ 17:00
※最終入館は30分前まで
休館日:月曜(1月10日を除く)、
12月29日〜2022年1月30日
入館料:一般700円、20歳未満・学生550円、65歳以上350円、高校生100円