あるく あるける MAP & NEWS

|2023年|→2022年s

神奈川 鎌倉・北鎌倉

 
 
地図を見る地図 鎌倉英語のMAPヘ 地図 鎌倉標高MAPページへ 地図 江の島ページへ 地図 湘南海岸・江ノ電ページへ 地図 ご利用規約 地図を見るスマホ用 地図を印刷する 鎌倉中国簡体語のMAPヘ 地図を見るPC用 Pg/b取扱説明書 パスワード申請


20220916由比ヶ浜

秋晴れの鎌倉

20220916成就院門前からみる由比ヶ浜
20220916成就院門前からみる由比ヶ浜
いつ来ても簡単に手に入るやわらかい日差しの中の「楽」。そこで2時間か3時間か過ごす人がいる。町中とはちがう空気感のやすらぎがある。秋になってすこし高くなった波に乗る男と女、子供を遊ばせるママ、ふたりでただ歩いていく人。鎌倉に遠足できて海を見たくなった高校生たち。
この日はめずらしく白波が重なるように次々と音を立てて押し寄せていた。南方海上の遠くに台風14号がありその影響でうねりがあり波は1m~1.5mほどになっていた。どこでそんなことを知ったのか若い女性もその波に乗っていた。足先に潜水用のフィンをつけている子も多くそういう子はボードに上半身だけを乗せて波を滑っていた。洒落てるなあと思った次第。
由比ヶ浜西詰あたりに行くには、江ノ電長谷駅で降りて長谷観音と反対(海)方向に行く。2分歩いて信号を右折ないし左折。右折の場合1分歩いて信号を左折、いずれの場合も3分行けば海だ。


20201002材木座海岸
20201002材木座海岸

秋晴れの材木座海岸

20201002材木座海岸
20201002材木座海岸
市街の東方、朝比奈あたりから金沢街道に沿うように流れてきた滑川は勝長寿院跡付近で左に折れ鎌倉を南に貫流する。相模湾にそそぎ出る時、その西側を由比ヶ浜といい東側を材木座海岸と呼ぶ。
材木座海岸の「材木座」は鎌倉時代、材木問屋が多かったかららしい。近くに港湾施設もあり荷上げもしたと思われる。
材木座の町は人が暮すときにつく垢の匂いが程よくしている。それがいい感じだ。港町の匂い。
由比ヶ浜にくらべ波が低く砂浜が広い。サーファーは少ない。逗子のヨットハーバーが近い所為か沖合をヨットが走る。
材木座海岸を目指す時、材木座海岸よりより目指す人が多い(?)光明寺が近くにあることを覚えておくといい。光明寺の方が垢が多くついている。
JR鎌倉駅東口。バスは[7番線]から出る。若宮大路をまっすぐ南に歩くあるいはレンタサイクルで行くのもOK。運がいいと大島、富士山を見ることができる。砂浜でぼーっとするのが趣味というムキにも江の島と富士山が姿を見せる砂浜は程よいよさだと珍重されている。

秋晴れの鎌倉・二階堂

二階堂とあざ名のついたこの一帯は静かにいい香りが漂うところで秋の鎌倉を代表する
※段葛・海蔵寺・鎌倉農協即売所は二階堂エリアではありません。が、特報したい記事のため編入しました

永福寺跡
頼朝は奥州の覇者・藤原氏を討伐した折平泉の一切を焼き払った。その中に二階大堂(大長寿院)という仏殿があり彼は焼いたことを悔いたといい、二階大堂を模してお寺を建造したのが永福寺。周辺一帯を二階堂と呼ぶのはこの二階大堂に由来する

20220916永福寺跡
20220916永福寺跡

覚園寺
四季折々に細やかな美しさのあるお寺。北条義時に縁があるという。細い流れに沿った参道が鎌倉らしいと人気がある



20220916覚園寺
20220916覚園寺

段葛
妻政子が懐妊した時、頼朝はそれを大喜びし自らモッコをかつぎ盛り土をしたという八幡宮参道。小町通りを通らず段葛を行く人が多くなっている。清々しいからであろう。


20220916段葛
20220916段葛

頼朝公お墓参道
大河ドラマが始まってから若い人の行き来が多くなった





20220916頼朝公墓参道
20220916頼朝公墓参道

二階堂町並み
手入れのいき届いた二階堂の町並みをあるいていたら向うから若い感じの女性のマラソンマンが走ってくる。二階堂川が口を開けているところではすれ違うのがむつかしくぐずぐずしていたら走りなれているのだろう、わずかに身をよじりかすかな匂いを残して彼女はスッと走り抜けていった。
20220916二階堂町並み
20220916二階堂町並み

鎌倉農協連即売所






20201002鎌倉農協連即売所
20201002鎌倉農協連即売所

20220916瑞泉寺参道
20220916瑞泉寺参道
瑞泉寺
鎌倉時代末期に現れた禅僧夢窓疎石を開山として創建した禅寺
20220916瑞泉寺庭園
20220916瑞泉寺庭園
扇が谷海蔵寺 
20210924海蔵寺紫式部
20210924海蔵寺紫式部


義時のスケジュール(15) 義時と秀吉の自立を比べる

イラスト 天下を狙う武将が自立していないわけはない。明智光秀は例外だが、おおよそ「天下」に到達するまでのスケジュールも持っている。また武将が自立したと思われる瞬間は我々分析する人間にもだいたいわかる。古くから解説もされている。
武将の自立の場合、時の権力の打倒を目指す挙兵であることが多い。他人からみれば突然のことのように思えることも多い。
ここでいう自立は「自らの能力、弱点が認識でき弱点を補える人を用意できる。戦いの初めからお終いまでの地理的な場面と登場人物の想定、その展開場面を一人で考えそれぞれの場面をコンテにできる。勝っている時負けている時の対処方法を作ることができる。イラスト自らのグループで軍備=兵隊、武器、銭金、食料などを用意、補填ができる」などのことをいい、自立までの助走部分で自立能力が上がる段段について考えられることをいう。
北条義時の自立はいつだったのか?時政を追放し幕府権力を奪取するというプランは一人で考えたのか?義時グループがあったのか?
イラスト 中大兄皇子が中臣鎌足と組んで大化の改新を推しすすめたそのはじめは、645年6月、皇子(グループの武者)が蘇我入鹿の首をはね飛ばした瞬間であるといえる。が、二人の自立が形になったのはその以前、二人が談山神社で出会った時だといわれている。貴族の間で流行っていた蹴鞠が縁だったらしく蹴鞠をしながら革命の節目と完遂を書いたのだと思える。
信長はいつだったのか。
同じ織田氏の間で果てしない争いがつづき、父信秀が尾張、美濃、三河を這いずり回っている時すでに彼は自立していたかもしれない。斎藤道三と対面した折にその器量を見せつけたといわれる1553年4月がその時であろうと思うがどうだろう。
イラスト秀吉の自立の瞬間はわかり易い。神とも思いその戦略と戦術は絶対だった信長が本能寺で横死したのが1582年6月2日。翌3日そのことを知った秀吉、驚きと悲しみが同時に襲ってきて気持も体も散々に乱れた。が、わずかの時間で天下を取ることに思考を集中させ天下奪取に向けて脳と手足を動かし始めた時の秀吉。「天下を狙うとき」と官兵衛がささやいたというが、からだ中に生気をみなぎらせ自らを奮い立たせ指示命令する言葉を発すると同時に体が動く秀吉は鮮やかであり類をみない。6日に備中高松城を発した秀吉は11日に尼崎に到着、13日には京都山崎・天王山に光秀を破ったのである。山崎・天王山を戦場と仮定し備中から取って返した驚異的なスピードと戦闘シフトの緻密さは後世誰もがおどろく。8年後には日本全土を手中にして刀狩りと検地による生産能力の把握をしている。
鎌倉にある幕府権力を奪い取る!と覚悟を決めたのは逆算すると頼朝の死の直後だろうか。1199年。自立の瞬間の目立つ動きが見えず、むしろ義時はどこにいてなんの準備をしていたのかと考え込む。娘と息子の婚姻を通じて他者の力を取り込み蓄えていく時政の翼の中にいてひな鳥のように力を養っていたというのか。
権力を奪取する時の戦略を作っていた。
敵になるだろう戦闘軍団のリストアップとその軍事力諜報力宣伝力の把握。自らグループの軍事・諜報・宣伝力の把握と最終目標の設定、時々の達成目標、個々の敵の打倒戦術を作る。その時鎌倉幕府をどうしたいのか?誰が周りにいるのか。
仮想敵を打倒していくごとに補強と義時グループの展開を時間軸をおいて作っていく。
そんなことを義時はどこでいつ誰と話していたのか。
鎌倉時代初期の戦術は見え見えで単純。ただ邪魔なやつを殺す。一人ひとり殺していく。敵がすくなく味方もすくない。天下取りの戦略・戦術は単純でよかった。
イラスト敵あるいは敵になるとと思われる梶原、二代目頼家と比企、畠山、父時政。さらに和田と実朝。
そして朝廷・後鳥羽上皇。すこし複雑な思考が必要だった朝廷・後鳥羽上皇も含め「力攻め」でOKだったように思える。
義時の自立は秀吉や中大兄皇子のようにドラマチックではない。
朝廷権力を倒し武家に権力が移った。統治者の目指すものが変り統治する組織、意思の伝え方が変った。当然実行の仕方も変った。しかし価値観の変った社会と人々の生活が当初の混迷混乱から安定に向っていくに従い当初の価値観が微妙にすこしづつ変っていった。1190年代の10年間。そして革命第一世代の価値が古くなり第二世代が登場する。すくなくとも半分は第二世代に属した義時に日が当り始め動き出したと捉えれば、パッとしない感じの義時が解ってくるのかもしれない。1190年代が終ろうとする時頼朝が死んだ。

鎌倉の英雄たち

鎌倉の英雄たち 毛利氏	畠山重忠	北条義時	後白河法皇	源頼家 源実朝 藤原秀衡 源義経 静御前 平敦盛 建礼門院 平将門 島津氏 源頼朝 秩父党 平重盛 平維盛 上総介広常 千葉常胤 平清盛 大江広元 西行 北条早雲 源義朝 三浦義明 梶原景時 比企能員 和田義盛 土肥実平北条時政 北条政子



鎌倉を全部楽しむ

中秋の鎌倉

小町通り
小町通り
小町通り
小町通り

江ノ電 由比ヶ浜駅〜長谷駅間

鎌倉殿の13人 大河ドラマ館

鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム
鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム外観(池)
鶴岡八幡宮提供
NHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を味わえる大河ドラマ館が3月1日、鶴岡八幡宮境内の鎌倉文華館 鶴岡ミュージアムにオープンした。
北条義時と頼朝・政子らが躍動する「鎌倉」を体感できる。

期間:2022年3月1日~2023年1月9日
開館時間:9:30~17:00
    (最終入館16:30)
大河ドラマ館
休館日:無休(展示替え休館日除く)
料金:大人 1,000円(高校生以上)
   小人 500円(小・中学生)
入館時に配布されるパンフレットの提示で鎌倉国宝館・鎌倉歴史文化交流館へ各1回無料で入場可(2023年3月31日まで)
お問い合わせ先:鎌倉殿の13人 大河ドラマ館 入場券販売管理センター 0467-39-5306


鎌倉のハギ
宝戒寺、海蔵寺、浄光明寺、鶴岡八幡宮、瑞泉寺、東慶寺、浄智寺、成就院、
極楽寺、高徳院(鎌倉大仏)
宝戒寺の萩は、白い花が咲きます。


鎌倉の百日紅
宝戒寺、浄妙寺、高徳院、長谷寺、極楽寺、本覚寺、本興寺、来迎寺、
補陀洛寺、光明寺、妙隆寺

20220822本覚寺
20220822本覚寺
20220822極楽寺
20220822極楽寺


鎌倉のコスモス
東慶寺、海蔵寺

鎌倉のシュウカイドウ
浄智寺、光則寺、御霊神社

鎌倉のシュウメイギク
東慶寺、浄智寺、海蔵寺、浄妙寺、瑞泉寺

鎌倉薪能

※感染リスクを最小限に抑えた開催として、第64回鎌倉薪能は無観客にて開催。
当日の様子は、2022年11月18日(予定) Youtubeにて無料配信。

写真 鎌倉薪能は10月の人肌が恋しくなる夜寒の中、鎌倉宮の境内で厳かにおこなわれる。玄妙な雰囲気がただよい、席について見ていると陶酔感が襲ってくるという。鎌倉宮は後醍醐天皇による建武の新政の実現に力を注いだ護良親王を祭神とする。明治天皇が造営を命じたもので、社殿の向うの小高い森の雰囲気がいいお宮である。


新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止のため、開催イベントの中止や延期がある可能性がございます。おでかけの際は事前にご確認ください。

特別公開

■かまくら「長谷の市」
開催場所:長谷寺周辺
開催日:10月16日
1)長谷寺会場
場所:長谷寺境内(9時~16時)
飲食・物品販売、ワークショップ等
2)朝市会場
場所:甘縄神明宮(8時~11時)
飲食・物品販売、ワークショップ等
3)スタンプラリー
10月9日~10月16日の期間中実施
景品交換が10月16日長谷寺入口で実施
※雨天の場合、長谷寺会場・朝市会場は中止、スタンプラリーは実施します

■十夜大法要
開催場所:光明寺
開催日:10月12日~14日

■文墨祭
開催場所:白旗神社(鶴岡八幡宮境内)
開催日:10月28日 10:00~

■第64回鎌倉薪能
後日オンライン(Youtube)にて配信
Youtube映像配信日:11月18日~(予定)

<中止>
■扇湖山荘庭園公開
※2022年の公開は春秋ともに中止

■オクトーバーフェスト
KAMAKURA2022 ※2022年は中止

川喜多映画記念館企画展

【特別展】
映画をデザインする
 ー小津安二郎と市川崑の美学

2022年9月17日~12月12日
料金:一般400円/小・中学生200円

<映画上映2022年10月〜>
■ビルマの竪琴
9月27日、28日、30日、10月2日
監督:市川崑
出演:三國連太郎、安井昌二、浜村純、西村晃、伊藤雄之助、北林谷栄

■太平洋ひとりぼっち
9月27日、29日、10月1日、2日
監督:市川崑
出演:石原裕次郎、浅丘ルリ子、田中絹代、森雅之、ハナ肇、大坂志郎

■東京オリンピック
10月10日、12日、14日、16日
総監督:市川崑

■細雪
10月10日、13日、15日、16日
監督:市川崑
出演:佐久間良子、岸惠子、吉永小百合、古手川祐子、伊丹十三、石坂浩二

■犬神家の一族〈4Kデジタル修復版〉
10月25日、26日、28日、30日
監督:市川崑
出演:石坂浩二、高峰三枝子、草笛光子、島田陽子、小沢栄太郎、加藤武

■愛人
10月25日、27日、29日、30日
監督:市川崑
出演:越路吹雪、菅井一郎、岡田茉莉子、有馬稲子、尾棹一浩、三國連太郎

鶴岡八幡宮12ヶ月

10月の段葛
今年は桜の紅葉が遅いが・・・

20220916段葛
20220916段葛

由比ヶ浜12ヶ月

由比ヶ浜の満ち潮引き潮
気象庁の潮位表へ

展覧会

【鎌倉文学館】
■特別展 没後35年
「澁澤龍彦 高丘親王航海記」
会期:10月2日~12月23日
開館時間:9:00~17:00
※入館は30分前まで
休館日:10月3日、11月14日・21日・28日、 12月5日・12日・19日
入館料:一般500円、小中学生200円

【鎌倉市鏑木清方記念美術館】
■渡辺省亭生誕170年記念
鏑木清方と渡辺省亭
―江戸画人の水脈―
会期:2022年9月15日~10月19日
開館時間:9:00 ~ 17:00
※最終入館は30分前まで
休館日:毎週月曜日(9月19日、10月10日は開館)、10月11日
入館料:一般 450円、小・中学生 220円

【神奈川県立近代美術館 鎌倉別館】
■ 沖潤子 さらけでるもの
会期:2022年9月17日~2023年1月9日
開館時間:9:30 ~ 17:00
(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜(9月19日、10月10日、1月9日は開館)、 2022年12月29日~2023年1月3日
入館料:一般700円、20歳未満・学生550円、65歳以上350円、高校生100円

【神奈川県立近代美術館 葉山館】
■アレック・ソス
Gathered Leaves
会期:2022年6月25日~10月10日
開館時間:9:30 ~ 17:00
(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜(7月18日、9月19日、10月10日を除く)
入館料:一般1,200円、 20歳未満・学生1,050円、 65歳以上600円、 高校生100円