あるく あるける MAP & NEWS

神奈川 鎌倉・北鎌倉

 
 
地図を見る地図 ご利用規約 地図を見るスマホ用 地図を印刷する 地図を見るPC用 Pg/b取扱説明書 パスワード申請

鎌倉は久しぶり、あるいは、鎌倉の花見は初めてという人に
桜の木の下でお弁当を広げるところはないが、「あー、鎌倉だ!」と思える桜がある。
桜の若木が爽やかな段葛。一服の風景になっている鶴岡八幡宮源氏池の桜。八幡宮から近い大倉幕府跡前通りと頼朝公墓に向う通り。さらに高徳寺・鎌倉大仏の顔にさしかけている桜。

 
鶴岡八幡宮源氏池
鶴岡八幡宮源氏池三の鳥居をくぐると左手に平家池。右手が源氏池。奥に鶴岡ミュージアムの白い建物が見える平家池は繊細な感じだが、源氏池はどっしりとして安定感があり湖畔から眺める桜も景色になっている。
段葛
段葛政子の懐妊を知り頼朝が造った特別の道。2016年の3月に改修が終り桜の若木がデビュー。16年を入れて5年目になる。爽やかな花を咲かせる。
大倉幕府跡前通りと頼朝公墓に向う通り
大倉幕府跡前通りと頼朝公墓に向う通り春の陽ざしがよく似合うぽかぽかした感じがする通り。かわいい女の子を連れたお父さんとお母さん。還暦を過ぎたと思われる夫婦。それに遠足に来た高校生たち。
高徳寺(鎌倉大仏)
高徳寺(鎌倉大仏)桜の花がさしかける大仏さんが笑う。

桜の回廊・鎌倉

鎌倉で3回目にする花見という人に奨めたい
にぎやかではないが、花のひろがり方が華やかでまろやかな桜がよいのではないか。鎌倉駅からちょっと遠い。光明寺、甘縄神明寺、光則寺の桜。そして源氏山、極楽寺の桜。さらに円覚寺、明月院の桜。※詳細と画像は後段。


光明寺
光明寺鎌倉駅から遠い。材木座由比ヶ浜からの潮風に吹かれている光明寺。蓮がさく梅雨の頃から紅葉の頃までが人気だが、大伽藍を背景に咲く桜がとてもいい。黒い毛の猫をよく見かける。
甘縄神明寺
甘縄神明寺細い道に入り小高い丘を階段で登ったところに本堂がある。本堂までの道筋の両側に桜が植わっていて咲きかけてくれる。
光則寺
光則寺長谷寺から大仏さん寄りに1本奥、割に広い小路を左に入ると光則寺の参道になる。すこし上りになっている参道を行くと華やかな桜が咲いている。小さな規模のお寺に似合わず包み込むように豊かな気持にさせてくれる。
源氏山
源氏山銭洗い弁天の前の坂を登る。化粧坂を登る。浄智寺山門の脇の葛原が岡ハイキングコースを登る。と源氏山。八幡太郎義家が後三年の役に出る時に戦勝を祈ったという山に咲く桜。
極楽寺
極楽寺江ノ電極楽寺駅は電車を下るとすでに桜吹雪の中にいる。背をかがめて山門を入るとよく手入れのされた参道に桜花が並んでいる極楽寺。
円覚寺
門前い差しかけている桜。
明月院
枝垂桜が空の青に映える明月院。






1214年の花見
3代将軍源実朝が花見をしたと吾妻鏡/建保2年(1214年)3月の項にある。実朝は権力を手放し北条義時が実権をもっていた。
父・北条時政とともに2代将軍頼家を排除した義時は、1219年、八幡宮の銀杏の木の下で実朝をも除いたといわれるが、実朝はそんな流れの中で永福寺に花見に出かけたという。当時、桜といえば山桜。永福寺裏の低い丘のような山に山桜がいっぱいに咲いていたある。
2012年に山桜の植樹をした。

鎌倉の町

イラスト頼朝の好運の1つ目は敗軍の中にいた13歳の時清盛に救われたこと。2つ目は挙兵した戦いで惨敗し首に刀を突きつけた梶原景時が「気」が失せたのか助けたこと。3つ目は義経という戦いの天才を手中にしたことだ。
富士川(黄瀬川)の戦いの折水鳥が飛んだなどの好運もあるが、頼朝の打った妙手もある。1185年の「守護地頭の任命権」を得たことだ。
結果的に滅亡した平家の総帥、清盛はどうか。最大の悪手は頼朝を殺さなかったこと。そのただ1つだろう。自らの力を過信した。
清盛の妙手あるいは素晴らしいところもある。1つは朝廷政治がつづいた日本で最初に武家による統治をしたことだ。統治と言ったが組織が成立していなかったので統治といえるかどうかだが、頼朝の武家政権成立のための助走にはなったと思える。
もう1つは貿易で稼ごうとしたことだろう。今の神戸を港とし日宋貿易を始めている。

鎌倉の英雄たち

鎌倉の英雄たち 毛利氏	畠山重忠	北条義時	後白河法皇	源頼家 源実朝 藤原秀衡 源義経 静御前 平敦盛 建礼門院 平将門 島津氏 源頼朝 秩父党 平重盛 平維盛 上総介広常 千葉常胤 平清盛 大江広元 西行 北条早雲 源義朝 三浦義明 梶原景時 比企能員 和田義盛 土肥実平北条時政 北条政子

鎌倉を全部楽しむ

3月の鎌倉

御霊神社のさくら
御霊神社のさくら
鎌倉のさくら
葛原岡神社、御霊神社、銭洗弁財天、鶴岡八幡宮、安国論寺、円覚寺、建長寺、光則寺、高徳院、光明寺、極楽寺、浄智寺、浄妙寺、杉本寺、瑞泉寺、長勝寺、長谷寺、宝戒寺、報国寺、本覚寺、妙法寺、妙本寺、源氏山公園、段葛、頼朝の墓

鎌倉のコブシ
瑞泉寺、妙法寺

鎌倉のハクモクレン
鶴岡八幡宮、高徳院、浄光明寺、浄智寺、東慶寺、長谷寺、宝戒寺、妙法寺

川喜多映画記念館企画展

【特別展】
昭和を彩る女優たち
松竹大船撮影所物語

2020年1月18日~2020年3月27日
料金:一般200円/小・中学生100円

【映画上映2020年3月〜】
■彼岸花
3月3日~5日、7日、8日
監督:小津安二郎
出演:佐分利信、田中絹代、有馬稲子、久我美子、佐田啓二、高橋貞二、桑野みゆき、笠智衆、山本富士子

■秋刀魚の味
3月3日、4日、6日、8日
監督:小津安二郎
出演:岩下志麻、笠智衆、佐田啓二、岡田茉莉子、三上真一郎、吉田輝雄、岸田今日子

■僕はイエス様が嫌い
3月14日、15日
監督・脚本・撮影・編集:奥山大史
出演:佐藤結良、大熊理樹、チャド・マレーン、佐伯日菜子

■幸福の黄色いハンカチ
3月17日、18日、20日、22日
監督:山田洋次
出演:高倉健、倍賞千恵子、武田鉄矢、桃井かおり、太宰久雄、渥美清、たこ八郎

■男はつらいよ
3月17日、19日、21日、22日
監督:山田洋次
出演:渥美清、倍賞千恵子、光本幸子、笠智衆、志村喬、森川信、前田吟、三崎千恵子

■砂の器
3月24日~27日
監督:野村芳太郎
原作:松本清張
出演:丹波哲郎、加藤剛、森田健作、島田陽子、山口果林、加藤嘉、春田和秀、笠智衆

鶴岡八幡宮12ヶ月

3月の段葛
政子の懐妊を知り頼朝が造った特別の道。2016年の3月に改修が終り桜の若木がデビュー。16年を入れて5年目になる。爽やかな花を咲かせる。  写真


展覧会

鎌倉文学館
「作家と歩く鎌倉
 その4 長谷・稲村ガ崎方面」
会期:12月21日〜4月12日
9:00~16:30(12月~2月)
9:00~17:00(3月~4月)
休館日:月曜日(1月13日、2月24日は開館)、年末年始(12月29日~1月3日)
入館料:一般300円、小中学生100円
主催:鎌倉文学館指定管理者
鎌倉市芸術文化振興財団・国際ビルサービス共同事業体

鎌倉市鏑木清方記念美術館
「清方の挿絵と装丁
 ~華麗なる木版画の世界~」
会期:2月29日〜4月12日
   9:00~17:00
休館日:月曜日
入館料:一般200円、小中学生100円

神奈川県立近代美術館 鎌倉別館
「生誕120年・没後100年 関根正二展」
会期:2月1日〜3月22日
   9:30~17:00
休館日:月曜日(2月24日は開館)
入館料:一般700円、学生550円、
    65歳以上350円、高校生100円
主催:神奈川県立近代美術館、東京新聞