あるく あるける MAP & NEWS

神奈川 鎌倉・北鎌倉

 
 
地図を見る地図 鎌倉英語のMAPヘ 地図 江の島ページへ 地図 湘南海岸・江ノ電ページへ 地図 ご利用規約 地図を見るスマホ用 地図を印刷する 鎌倉中国簡体語のMAPヘ 地図を見るPC用 Pg/b取扱説明書 パスワード申請

江ノ電 由比ヶ浜駅〜長谷駅間

極楽寺の紫陽花


鎌倉の町をあるき始めると必ず森に行きあたる
万緑の鎌倉
鎌倉駅あるいは二の鳥居を起点にしてあるき始めると必ず森に行きあたる。鎌倉を三方から囲む山に向ってあるいている。そこには必ずお寺があり時々神社がある。
メインの鶴岡八幡宮は鎌倉の町の突き当たりの森の中にある。二階堂川に沿って森に入って行くと鎌倉宮、覚園寺、永福寺跡、瑞泉寺があり、杉本寺、浄妙寺、報国寺は滑川の河岸段丘(?)にある森の中。妙本寺、常栄寺、安養院は舌状の森の麓にあり、長谷寺、御霊神社、光則寺、成就院は相模湾が迫る森の中にある。
今の季節、これらの山や森は新緑におおわれ時を経るに従いこなれた緑色になる。
山や森に向ってあるくと「やつ」と呼ばれる谷が切れ込んでいて小さな川が流れている。そして川沿いに細い上り道があり、たいがい道沿いに緑の生垣をもった人の住む家がある。

荏柄天神
荏柄天神
瑞泉寺門前
瑞泉寺門前

妙本字参道
妙本字参道
芽が吹く極楽寺境内の百日紅
芽が吹く極楽寺境内の百日紅
浄智寺参道
浄智寺参道
御霊神社前を通る江ノ電
御霊神社前を通る江ノ電




この頃人気の町並みを抜けて行く

ハイキングコース

鎌倉駅を西口に出てまっすぐ、佐助1交差点を右折しゆるやかな坂道を上ると銭洗弁天(銭洗弁財天宇賀福神社)に出る。トンネルがありそれをくぐると境内になる。山が陥没したような風情の境内で見上げる空は狭い。空をおおうように突き出した木々の枝をリスが行き交っているのが珍しい。
境内に湧く清水で銭を洗うと福が来るという。
弁天さん前の坂をさらに上ると源氏山になる。頂上の標高はおよそ93m。源頼朝の像がある。が、元々は彼の先祖八幡太郎義家に縁のある山で鮮やかな緑を楽しめる。写真
ぱたパタふわフワあるく道

ハイキングコース

ニノ鳥居、段葛、一ノ鳥居、鶴岡八幡宮、大蔵幕府跡、頼朝公墓所、荏柄天神社、鎌倉宮、永福寺跡そして瑞泉寺と豊かな新緑が次々に目を楽しませてくれる一級コース。葉桜が鮮やかな段葛と永福寺跡の新緑、瑞泉寺の初夏の佇まいをお奨めする。鎌倉を代表する1つ1つと思われる。
写真
写真

鎌倉の町


鎌倉の町(5)
土肥実平、千葉常胤、上総介広常、畠山重忠、和田義盛、比企能員、三浦義澄ら鎌倉幕府成立の立役者たちはどこに住んでいたのか。
幕府の侍所初代別当、和田義盛は侍所がおかれたところだった。横大路の西に端あたりになる。
知勇を備え幕府の重鎮だった畠山重忠は東御門あたりだと石板に掲げられている。
頼朝の乳母、比企尼の甥にあたる比企能員はいま妙本寺のある比企ヶ谷に住んだ。以上の3人はのち、北条時政・義時父子の計略にかかり殺される。北条政権誕生の際の「必然」だっただろう。
頼朝が初戦に惨敗したあと、その命を救った土肥実平、千葉常胤はどこにすんでいたのか?
土肥実平はその地盤であった湯河原に屋敷があったとされ、彼が創建した城願寺あたりだったらしい。その墓はいま安芸沼田にあるという。湯河原駅前に実平と妻の銅像がある。
小舟で安房に渡った頼朝をもてなした千葉常胤はその後も数々の武功を立てた。いまの材木座光明寺の北の森の中、弁ヶ谷(べんがやつ)と呼ばれるあたりに住んだ。当時は別谷(は現在の弁ケ谷。同一かどうか詳細は不明)と言ったという。碑(石板)が立っている。
多くの騎馬武者をかかえ幕府創業に力を発揮した上総介広常は1183年の時点で頼朝によって殺された。安房から上総に向った頼朝の列への参陣が遅れたことが気に入らなかったという。その年の12月、梶原景時と双六に興じていた時、景時に不意打ちにあった。
イラスト イラスト イラスト イラスト イラスト イラスト


鎌倉の町とその人口(6)
幕府が頼朝によって創建され、その後、北条義時、泰時と受け継がれていった鎌倉。
1252年(建長4年)執権時頼の時代、鎌倉の町人民家には37,274個の酒壺があったと吾妻鏡は記している。武家が酒席を催しおおいに酒を飲むようになると庶民も飲んだという。一軒の民家に3個の酒壺があったとして民家は12,000軒。一軒に5人が住んでいるとすると60,000人である。
武家と僧侶、神主などの人口をざっと30,000人とすると、13世紀中頃の鎌倉には9万人ほどが住んでいたということになる。プラスマイナス2万人として7万~11万人である。
御家人とヒラの武家とで3,000邸、15,000人。北鎌倉と鎌倉の山際にできた臨済禅と日蓮宗のお寺。現在はないが巨大だった永福寺、勝長寿院など寺社仏閣に存在した人が15,000人と推測した。
武家と寺社仏閣を慕ってくる商人。それに鍛冶屋、彫刻師、藁で蓑、藁沓編む職人、仏具神具職人、木工馬具、革馬具を作る職人などが鎌倉に住み町を構成していた。

源義仲

イラスト 源平の軍事バランスを崩した源義仲
 源義仲が武家政権の先駆けとなった。
1183年5月の倶利伽羅峠の戦い。10万騎といわれる軍事力を投下した平家軍は大敗。あとで振り返れば、平家政権はこの時から日本を統治する軍事力を失ったようだ。源平の軍事バランスを崩したのは木曽義仲である。頼朝はそれらのことをじっと見ていた。そして範頼と義経を京に送る準備。
義仲はその勢いを飼って7月、京に入った。そして、平家を西へ追い落した。平家の都落ちである。
都に入った義仲旗下の大軍は、その真偽はわからないが、粗暴で木曽の山猿と呼ばれた。そして、京都衆の支持を失っていったようだ。
じっと見ていた頼朝はやがて範頼・義経軍を派遣し、1184年1月、宇治川で義仲軍と打ち負かした。負けた義仲の軍は北に向う。
義仲は信濃に帰ろうとしたのだろうか。近江の粟津で最後を迎える。その英雄的な振る舞いにしてはあっけない終りであった。

斎藤実盛
奥の細道をいく芭蕉が「むざんやな甲の下のきりぎりす」と偲んだ武将。
芭蕉は斎藤実盛を「実のある人」と愛した。芭蕉は木曽義仲の一生も愛した人で、いま、大津・膳所の義仲寺に義仲の側に眠っている。
斎藤実盛は義仲の父源義賢が大敗した時、駒王丸といった義仲を抱いて逃げた武将で義仲の命の恩人。この戦では敵片の平家軍にいた。
平家が負ける篠原の戦いでは殿軍をつとめ存分に働き黒く染めた首を掻き切られる。
首実検をする義仲。首を洗い実盛だとわかった義仲は恩人の首を抱き人目もはばからず泣いたという演劇的な話が残る。

巴御前
巴御前は、斎藤実盛が抱いて逃げた義仲の後事を託したという中原兼遠の娘だといわれる。のちに義仲の重臣になり、剛勇のものとして歴史に残る樋口兼光、今井兼平とは兄弟。義仲とは乳兄弟になる。
平家物語巻第九「木曽最期」に、「巴は、いろしろく髪ながく、容顔まことにすぐれたりー(中略)ーうち物もっては鬼にも神にもあはうどいふ一人当千の兵もの」とある。
粟津で最後を迎える際、義仲は数度「逃げろ!」といったという。
義仲が眠る義仲寺に墓がある。

空白になった都
義仲が平家を追い落とし、その義仲があっけなく消えた京の都。頼朝は空家になった都に義経を入れる。
以後、後白河上皇と対峙しつつ、鎌倉幕府の基盤を築いていった。

鎌倉の英雄たち

鎌倉の英雄たち 毛利氏	畠山重忠	北条義時	後白河法皇	源頼家 源実朝 藤原秀衡 源義経 静御前 平敦盛 建礼門院 平将門 島津氏 源頼朝 秩父党 平重盛 平維盛 上総介広常 千葉常胤 平清盛 大江広元 西行 北条早雲 源義朝 三浦義明 梶原景時 比企能員 和田義盛 土肥実平 北条時政 北条政子

鎌倉を全部楽しむ

鎌倉ビーチフェスタ

由比ヶ浜
由比ヶ浜

由比ヶ浜の満ち潮引き潮 
初夏に1日、遠浅の由比ヶ浜を歩きました。
気象庁の潮位表へ

鎌倉のツツジ
浄光明寺、海蔵寺 、瑞泉寺、鶴岡八幡宮、安国論寺、建長寺、英勝寺、浄智寺、
妙本寺、明月院、高徳院(鎌倉大仏)、安養院
鎌倉のボタン
鶴岡八幡宮、円覚寺、東慶寺、浄智寺
鎌倉のフジ
安国論寺、鶴岡八幡宮、瑞泉寺、光則寺、長谷寺

鎌倉のカキツバタ
海蔵寺

川喜多映画記念館企画展

<映画上映2020年5月〜>
5月31日まで休館しています


鶴岡八幡宮12ヶ月

5月の段葛
葉桜がつくる影がここちいい。写真

特別公開

新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止のため、開催イベントの中止や延期がある可能性がございます。おでかけの際は事前にご確認ください。

■鎌倉ビーチフェスタ
■鎌倉市民カーニバル
は中止となりました。

<休館情報 2020.4.30現在>
■鎌倉駅東口の観光総合案内所
5月31日まで臨時閉所
■鎌倉国宝館 5月31日まで休館
■歴史文化交流館 5月31日まで休館
■鎌倉文学館 5月31日まで休館
■鏑木清方記念美術館
5月31日まで休館
■川喜多映画記念館 5月31日まで休館
■神奈川県立近代美術館鎌倉別館
当分の間、休館

<通行禁止 2020.4.30現在>
■祇園山ハイキングコース
■葛原岡・大仏ハイキングコース
■天園ハイキングコース
は当分の間、通行禁止となっています。

周辺をあるく

お台場 箱根 江の島

花をあるく

浅草・東京スカイツリー 皇居 横浜みなとみらい