あるく あるける MAP & NEWS

東京 浅草

 
 
地図を見る ASAKUSA/TOKYO SKYTREE MAP 地図 Pg/b取扱説明書 地図を見るPC用 地図を見るスマホ用 地図を印刷 ご利用規約

雷門

雷門
写真浅草寺の総門。風神と雷神が左右に安置され正式には「風雷神門」という。シンボルは雷門と書かれた大提灯。真下から見ると龍の彫り物がある。金龍山という浅草寺の山号を表している。



写真 度々消失しているが、先の大戦で焼失した時は松下電器(現パナソニック)の松下幸之助さんが再建した。門の向こうの参道に仲見世がつづいている。





漁師の網にかかった観音さまを祀る
浅草は浅草寺を参拝する人たちが大きくした町といっていい。が、加えて、浅草寺の周辺に勃興した芝居(歌舞伎)、大道芸、大正時代になってから芽を吹いた大衆写真演劇、黎明期から爆発的に流行った映画、さらにストリップなどピンク系の出し物などもあって浅草は日本一の盛り場になった。いまは2000万人とも3000万人ともいわれる人が浅草を訪れ、外国からの観光客も沢山やってくるという。
浅草寺は、隅田川の漁師の網にかかった観音像を「ありがたい」ものとして祀ったのがはじめだと伝えられている。およそ1400年前のことだといわれ、浅草の観音さまと崇められる由縁になっている。江戸時代、17世紀になり、徳川家康、家光が積極的に浅草寺を援助、五重塔、本堂を建立したあたりで、大衆に「観音さま信仰」が定着し、それが今につづいているようである。
徳川の世で、政治と経済が安定し、町人のエネルギーが噴き出すように花開いた元禄時代。浅草寺の表参道に仲見世ができたという。お土産を売る今の仲見世と同じようなモノだったのかどうか。名物だった「浅草海苔」があっただろう。1684年春、日本を代表する文学者、松尾芭蕉が「海苔汁の手際見せけり浅黄椀」と詠んでいる。浅草に門人千里(ちり)を訪ねたおりに飲んだ浅草海苔入りの味噌汁がおいしかったようである。写真提供:(公財)東京観光財団


英雄たち

浅草寺の参道。江戸小物や人形焼、履物などを売る店が賑やかに展開している。初夏のころ三社祭の神輿が通り、ほうずき市がひらかれる。
写真写真提供:(公財)東京観光財団

英雄たち

職人が手焼きをしていて、それが見ていて楽しい人形焼。仲見世のお土産の定番になった。しっとりしたこしあんが、たくさん入っていて形もさまざま。写真
写真提供:(公財)東京観光財団