あるく あるける MAP & NEWS

東京アートニュース

 
東京アートニュース  
地図を見る 地図を見る
地図 地図を見るスマホ用 地図を印刷する 地図を見るPC用 ご利用規約 Pg/b取扱説明書

《羽広(はびろ)鉄瓶》 羽前山形 (山形県) 1934年頃 日本民藝館

柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」
会場:東京国立近代美術館
会期:10月26日(火)~2022年2月13日(日)
休館日:月曜(1月10日(月・祝)は開館)、
    12月28日(火)~1月1日(土・祝)、1月11日(火)
開館時間:10:00~17:00、金・土曜10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
https://mingei100.jp

民藝の思想の種がまかれてから、およそ100年。宗教哲学者であり、文筆活動を主体として民藝運動を推し進めた柳宗悦の没後60年に開催される本展覧会では、時代とともに変化し続けた民藝の試みを、俯瞰的な視点からとらえなおしている。
柳らが蒐集した陶磁器、染織、木工、蓑、ざるなどの暮らしの道具類や大津絵といった民画のコレクションとともに出版物、写真、映像などの同時代資料を展示し、総点数450点を超える作品と資料を通して、民藝とその内外に広がる社会、歴史や経済を浮かび上がらせる。
また、「美術館」「出版」「流通」という民藝運動の三つの柱と、それぞれの地方の人・モノ・情報をつないで協働した民藝のローカル・ネットワークにも注目。持続可能な社会や暮らしとはどのようなものか―「既にある地域資源」を発見し、人・モノ・情報の関係を編み直してきた民藝運動の可能性を、「近代美術館」という場から展観する。

《スリップウェア鶏文鉢(とりもんはち)》 イギリス 18世紀後半 日本民藝館
※無断転載禁止

新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会は中止になる場合があります。
また、入場人数の制限や、入場券・日時指定券が必要な場合もありますので、必ず公式サイトでご確認ください。


東京

信じるココロ ―信仰・迷信・噂話
会場:太田記念美術館
会期:2月4日(金)~2月27日(日)
休館日:2月7・14・21日
開館時間:10:30~17:30(入館は17:00まで)
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/

江戸時代には、様々な民間信仰が庶民に親しまれ、浅草寺のような大寺院から町中の稲荷社まで、多数の寺社で毎月のように行われた縁日や、出開帳のようなイベントは数多くの人々で賑わった。また、人々は信仰のみならず行楽も兼ねて、江ノ島や大山、遠方では富士山から伊勢神宮まで、江戸の外へと繰り出した。
流行り廃りが激しいのも江戸庶民の信仰の特徴で、嘉永2年(1849年)には、回向院で出開帳が行われた於竹如来をはじめとする3つの神仏が一過性の大ブームとなる。当時の最新の世相を描いた浮世絵は、こうした流行を現代のSNSのように人々に伝え、拡散する役割を果たした。
ほかにも江戸の人々の生活の中では、いろいろな迷信が信じられており、鯰が地震を起こすという迷信に基づいた「鯰絵」や、人魚が現れたというちょっと怪しいニュースを描いた作品まで、「信じる」をキーワードに多彩な浮世絵を紹介する。

  • 作者不詳「大都会無事」
    ※無断転載禁止

御大典記念 特別展
よみがえる正倉院宝物―再現模造にみる天平の技―

会場:サントリー美術館
会期:1月26日(水)~3月27日(日)
休館日:火曜(3月22日は開館)
開館時間:10:00~18:00、金・土曜、2月10日、3月20・21日10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで) https://www.suntory.co.jp/sma/

天皇陛下御即位をはじめとする皇室の御慶事を記念し、明治時代から行われてきた正倉院宝物の再現模造事業で製作された数百点に及ぶ作品の中から、調度品・楽器・染織品・仏具など多彩な分野から選りすぐりの100点近くが出品される、かつてない規模の展覧会。このうちサントリー美術館では、約70件と関連資料が展示される。
正倉院宝物に見ることのできる特殊な技法や素材に焦点を当て、模造製作の際の映像や関連資料なども作品とともに紹介し、再現模造事業を通じて継承された日本の伝統技術も展覧する。
現代の名工たちが、伝統工芸と最新の科学技術を融合させて再現した天平美の芸術的深みや品格は、最大の見どころとなっている。

  • 模造 酔胡王面  正倉院事務所蔵 【全期間展示】

ハリー・ポッターと魔法の歴史
会場:東京ステーションギャラリー
会期:12月18日(土)~2022年3月27日(日)
休館日:月曜(1月10日、3月21日は開館)、12月29日~1月1日、1月11日
開館時間:10:00~18:00、金・土曜10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
https://historyofmagic.jp/

『ハリー・ポッターと賢者の石』の出版20周年を記念して企画された展覧会。
世界的人気を誇るファンタジー文学「ハリー・ポッター」シリーズ。この魔法の世界の成り立ちの背景には、魔術や呪文、占い、錬金術、天文学などに関して、人類が何世紀にもわたって記述してきたさまざまな書物や資料が存在する。本展では、ハリーが通ったホグワーツ魔法魔術学校の科目に沿って、パピルスに記された古代ギリシャの魔法の手引書から、レオナルド・ダ・ヴィンチの天体に関する手稿、魔女やセイレーンを描いた絵画、原作者J.K.ローリングの直筆原稿やスケッチまで、 大英図書館が所蔵する貴重な書籍や資料を中心に紹介し、「ハリー・ポッター」の世界の底流にある言い伝えや魔法の歴史を紐解く。

  • ジム・ケイ
    《『ハリー・ポッターと賢者の石』の9と3/4番線の習作》
    ブルームズベリー社蔵
    ©Bloomsbury Publishing Plc 2015
    ※無断転載禁止

ザ・フィンランドデザイン展
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
会期:12月7日(火)~2022年1月30日
休館日:1月1日
開館時間:10:00~18:00、金・土曜10:00~20:00(入館は各閉館の30分前まで)
https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/21_Finland/

フィンランドデザインの歩みを紹介する展覧会。
ヘルシンキ市立美術館(HAM)監修のもと、マリメッコやフィンレイソンのテキスタイル、カイ・フランクのガラス工芸のほか、陶磁器や家具など、同時代にデザイン・制作されたプロダクトとともに、同時代の絵画なども併せて展示。約250点の作品と約80点の関係資料で、自然が息づくデザインプロダクトの秘密を紐解く。
自然とともに生きる暮らしの中で生まれた、フィンランドの人々の豊かな発想力と彩りにあふれる世界は、幸せに満ちている。

  • 本展宣伝ビジュアル A
    (オイヴァ・トイッカ《「ポムポム」花瓶》、セッポ・サヴェス《アンニカ・リマラ「リンヤヴィーッタ」ドレス、ヴオッコ・ヌルメスニエミ「ガッレリア」テキスタイルデザイン》、アルヴァ・アアルト《「サヴォイ」花瓶》)
    ※無断転載禁止

深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢。」
会場:上野の森美術館
会期:12月2日(木)~2022年1月31日(月)
休館日:12月31日、1月1日
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
https://www.kingyobachi-tokyo.jp/

金魚の持つ神秘性に魅了され、透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描くという、独自の斬新な手法で注目を集める現代美術家・深堀隆介。 国内はもとより今や世界的にも高い評価を受け、近年ではライブペインティングやインスタレーションにも力を入れ、表現と活動の幅を広げている深堀の作品を、約300点も展示する、東京の美術館では初めてとなる本格的な展覧会だ。
まるで生きているかのような金魚絵-2.5D Painting-は、圧倒的な立体感をもって観る者に迫る。

  • 雫 2010年
    ※無断転載禁止

クリスチャン・マークレー トランスレーティング[翻訳する]
会場:東京都現代美術館
会期:11月20日(土)~2022年2月23日(水・祝)
休館日:月曜(1月10日、2月21日は開館)、12月28日~1月1日、1月11日
開館時間:10:00~18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/christian-marclay/

アートと音楽の交差点から作品を発表し、革新的な活動を続けてきたクリスチャン・マークレーの国内初の大規模な展覧会。
クリスチャン・マークレーは、70年代末のニューヨークでターンテーブルを使ったパフォーマンスで音の実験を始めて以来、前衛的な音楽シーンの重要人物として活躍してきた。一方で、視覚的な情報としての音や、現代社会において音楽がどのように表象され、物質化され、商品化されているかといったテーマに焦点を当てた活動により、現代美術と音楽を繋ぐ、最も人気があり影響力を持った作家とみなされてきた。
本展では、コンセプチュアル・アートやパンク・ミュージックに影響を受けた初期作品から、イメージと音の情報のサンプルを組み立てた大規模なインスタレーション、さらには現代社会に蔓延する不安を映し出した最新作まで、その多岐にわたる活動の全貌を紹介する。

  • クリスチャン・マークレー 《フェイス(恐れ)》 2020
    コラージュ 30.2 cm × 30.3 cm
    © Christian Marclay. Courtesy Gallery Koyanagi, Tokyo.
    ※無断転載禁止

収蔵作品による 小林清親展【増補】-サプリメント-
会場:練馬区立美術館
住所:東京都練馬区貫井1-36-16
会期:11月23日(火・祝)~2022 年1月30日(日)
休館日:月曜(1月10日は開館)、12月29日~1月3日、1月11日
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
https://neribun.or.jp/event/detail_m.cgi?id=202108291630231376

“最後の浮世絵師”とも呼ばれる、明治期を代表する浮世絵師・小林清親。
彼の淡く明るい色調と光と影、天候や時間をも表現した、まるで水彩画のような東京名所シリーズは“光線画”と呼ばれて人々の絶賛を浴び、それ以降も、戦争画や歴史画、カリカチュア、戯画などを描き続け、浮世絵の有終の美を飾ると共に、明治生まれの若い芸術家たちに大きな影響を与えた。
本展は、清親の没後100年を記念した2015年の展覧会のサプリメント(増補)として開催されるもので、未紹介・未公開の貴重な作品、資料が公開される。

  • 《自画像》紙本淡彩 明治末年頃
    ※無断転載禁止

[館蔵]茶道具取合せ展
会場:五島美術館
住所:東京都世田谷区上野毛3-9-25
会期:12月11日(土)~2022年2月13日(日)
※会期中一部展示替えあり
休館日:月曜(1月10日は開館)、12月25日~1月4日、1月11日
開館時間:10:00~17:00(入館受付は16:30まで)
https://www.gotoh-museum.or.jp/

展示室に五島美術館の茶室「古経楼」「松寿庵」「冨士見亭」の床の間原寸模型をしつらえ、館蔵の茶道具コレクションから約70点を選び展示。懐石道具・炭道具のほか、武野紹鷗や千利休の活躍した頃の井戸茶碗や楽茶碗などの茶道具を中心に道具の取合せを展観する。特集展示として、茶席での近代の名工による懐石膳の組合せも同時公開される。

  • 井戸茶碗 銘 九重 朝鮮時代・16世紀
    五島美術館蔵
    ※無断転載禁止

生誕 160 年記念 グランマ・モーゼス展―素敵な 100 年人生
会場:世田谷美術館
住所:東京都世田谷区砧公園1-2
会期:11月20日(土)~2022年2月27日(日)
休館日:月曜(1月10日は開館)、12月29日~1月3日、1月11日
開館時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
https://www.grandma-moses.jp/

“モーゼスおばあさん(グランマ・モーゼス)”の愛称で親しまれ、アメリカ人なら誰もが知る国民的画家、アンナ・メアリー・ロバートソン・モーゼス。
彼女はアメリカ北東部の出身で、その人生の大半を農家の主婦として家庭を切り盛りしてきたが、70代になり本格的に絵を描き始め、ニューヨークで初個展が開かれたのは80歳の時。ニュー・イングランドの田園風景や日々の暮らしを素朴な筆致で描いた作品でたちまち人気作家となるものの、彼女は 農家の一主婦としての堅実な暮らしを守り、101歳で亡くなる年まで描き続けた。
生誕160年を機に特別に企画された本展では、最初期の作品から100歳で描いた絶筆、また愛用品ほか関連資料まで、日本初来日を含む約130点を展示し、自然や素朴な暮らしを愛し、たくましく誠実に、素敵な100年を生きた“モーゼスおばあさん”の世界を紹介する。

  • アンナ・メアリー・ロバートソン・“グランマ”・モーゼス
    《シュガリング・オフ》
    1955年
    個人蔵(ギャラリー・セント・エティエンヌ、ニューヨーク寄託)
    © 2021, Grandma Moses Properties Co., NY
    ※無断転載禁止

北海道

【特別展】【特別展】神田一明、日勝展
会場:北海道立旭川美術館
住所:北海道旭川市 常磐公園内
会期:12月18日(土)~2022年3月13日(日)
休館日:月曜、年末年始
開館時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)
https://artmuseum.pref.hokkaido.lg.jp/abj/exhibition/program/35

具象性を残した表現主義的な作風で高く評価されてきた画家・神田一明と、32歳の若さで夭逝した画家の弟・日勝との兄弟二人による展覧会。
道立美術館及び鹿追町の神田日勝記念美術館が所蔵する二人の代表的な作品を中心に、旭川で活動を続ける一明の主要な作品から近作までを加えて、画家として別々の道を歩んだ兄弟の足跡と、決して途切れることのなかった絆を展観する。

  • 神田日勝《馬》1965年 神田日勝記念美術館蔵
    ※無断転載禁止

神奈川

ロニ・ホーン:水の中にあなたを見るとき、あなたの中に水を感じる?
会場:ポーラ美術館
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
→箱根MAPへ
会期:9月18日(土)~2022年3月30日(水)
休館日:会期中無休
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
https://www.polamuseum.or.jp/sp/roni-horn/

箱根町仙石原にあるポーラ美術館で開催するロニ・ホーンの個展。ロニ・ホーンはアメリカの現代美術界を代表する女性アーティスト。
偏愛するアイスランドの火山と氷河が生み出した荒々しい風土に想を得た作品群や、近年の代表作とされるガラスの彫刻作品などを展示室の内外で鑑賞できる。「鳥葬」とは死者を自然の中に葬る風習。美術館屋外の「森の遊歩道」に展示されている《鳥葬(箱根、日本)》は、澄んだ透明性のある巨大なガラス彫刻だ。自らの作品も自然の中で風化し、やがて朽ちていくという自然界の循環の一部であってほしい、という作家の思いが込められている。

  • 《あなたは天気 パート2》(部分) 2010-2011年
    66点のカラー印刷、34点の白黒印刷
    Courtesy of the artist and Hauser & Wirth © Roni Horn
    ※無断転載禁止

フィリア ― 今 道子
会場:神奈川県立近代美術館 鎌倉別館
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目8-1
→鎌倉MAPへ
会期:11月23日(火)~2022年1月30日(日)
休館日:月曜(1月10日を除く)、12月29日~1月3日
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/exhibition/2021-kon-michiko

国内外で高い評価を得てきた写真家・今 道子。市場に並ぶ魚や野菜などの食材や、靴や帽子といった日常的なモノを素材にそれらを組み合わせたオブジェを創り、自然光で撮影して印画紙に焼き付ける独自の手法を用い、精緻な構成と詩的喚起力に富んだモノクロームの世界を作り出す。
日本の美術館では初めての個展となる本展では、鎌倉を拠点に40年にわたり制作してきた作家の軌跡を、初期の代表作からメキシコ国立写真美術館での個展(2017年)以降の近作を含む約100点からたどる。

  • 今道子《小鯵+帽子+髑髏》2002年 発色現像方式印
    画 作家蔵 ©Michiko Kon, Courtesy PGI
    ※無断転載禁止

石川

ぎこちない会話への対応策—第三波フェミニズムの視点で
会場:金沢21世紀美術館
住所:石川県金沢市広坂1丁目2-1
→金沢MAPへ
会期:10月16日(土)~2022年3月13日(日)
休館日:月曜(11月1日、11月22日、2022年1月3日、1月10日は開場)、 11月24日、12月29日(水)~2022年1月1日、1月4日、1月11日
開館時間:10:00~18:00、金・土曜10:00~20:00(当日観覧券販売は閉場の30分前まで)
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1796

ゲストキュレーターでもあるアーティスト・長島有里枝が、1990年代以降に活動を始めた9名の作家との対話を経て選んだ作品に、フェミニズムの視点から新たな解釈の可能性を見い出す試みである。
80年代のメディアが喧伝した揶揄的なフェミニスト像。男性中心主義的な価値観が生み出したフェミニスト像の打破。それは日本における第三波フェミニズムのひとつのあり方だろうと考えた長島。
「運動」や「連帯」の形を取ってこなかった作家たちの作品にもその要素が見い出せると、9名の作家と話し込み選んだ作品を紹介する。
※第一波フェミニズム=女性参政権運動  ※第二波フェミニズム=女性解放運動・男女労働差別の解消運動

  • 13TAN0183
    ミヤギフトシ《1970 and Other Works》
    2007-2016 個人蔵
    Photo: TAKAHASHI Kenji
    ※無断転載禁止

京都

特別展「虫めづる日本の美 ―養老孟司×細見コレクション―」
会場:細見美術館
住所:京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
→祇園・清水寺・銀閣寺MAPへ
会期:10月29日(金)~2022年1月30日(日)
※一部展示替えあり
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、12月27日~1月4日
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)

解剖学者の養老孟司は、無類の昆虫愛好家、昆虫学者としても知られ、世界各地を訪れて、不思議と驚異にみちた虫たちの生態を探求している。
本展では、養老孟司が細見コレクションから選ぶ、虫を表した絵画・工芸作品約60点を紹介。
写実の精緻を極めた伊藤若冲の「糸瓜群虫図」、宝石のような虫たちが鏤められた蒔絵の小箱など、みずみずしい好奇心にあふれる虫博士の眼が出会った作品たちは、日本人の美意識を感じさせる。
併せて養老孟司が親交を結ぶ作家の、独特の自然観やデジタル技術によって表現された作品も紹介される。

  • おさむしの合子 分島徹人
    ※無断転載禁止

アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO
会場:京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」
住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
→祇園・清水寺・銀閣寺MAPへ
会期:2022年9月17日(土)~2023年2月12日(日)
休館日:月曜(祝日の場合は開館)、年末年始
開館時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
https://www.andywarholkyoto.jp/

ウォーホルの故郷、アメリカ・ピッツバーグにある アンディ・ウォーホル美術館の所蔵作品のみで構成する、日本初の展覧会。
ウォーホルの初期から晩年にわたる作品を包括的に紹介する大回顧展となっており、展示作品数は約200点で、門外不出の《三つのマリリン》、大型作品《最後の晩餐》ほか100点以上が日本初公開作品だ。
1956年に初めて来日し、京都を訪れたウォーホル。本展では、京都とウォーホルのゆかりを示す貴重なスケッチなども展示され、ウォーホルの心を捉えた京都の姿を垣間見ることができる。

  • 13TAN0189
    本展キービジュアル
    ※無断転載禁止




TOP