あるく あるける MAP & NEWS

東京アートニュース

 
東京アートニュース  
地図を見る 地図を見る 地図
地図を見るスマホ用 地図を印刷する 地図を見るPC用 ご利用規約 Pg/b取扱説明書
上村松園 《牡丹雪》<br>1944(昭和19)年 絹本・彩色 山種美術館
上村松園 《牡丹雪》
1944(昭和19)年 絹本・彩色 山種美術館

上村松園と美人画の世界
会場:山種美術館
会期:2020年1月3日~3月1日
http://www.yamatane-museum.jp/

生涯、美人画を描き続けた日本画家・上村松園(1875-1949)。山種美術館が広尾開館10年を記念して、所蔵する松園の作品を一挙公開する。
初代館長山﨑種二(1893-1983)が松園と親しく交流しながら蒐集した作品で、「蛍」、「砧」、「牡丹雪」などの代表作計18点を堪能させてくれる。
さらに、松園と同時代に活躍した鏑木清方やその弟子伊東深水、さらに村上華岳、小倉遊亀、橋本明治などの美人画も紹介するという。

上村松園 《蛍》<br>1913(大正2)年 絹本・彩色 山種美術館
上村松園 《蛍》
1913(大正2)年 絹本・彩色 山種美術館
上村松園 《春のよそをひ》<br>1936(昭和11)年頃 絹本・彩色 山種美術館
上村松園 《春のよそをひ》
1936(昭和11)年頃 絹本・彩色 山種美術館
※画像写真の無断転載を禁じます

北斎没後170年記念
北斎 視覚のマジック
小布施・北斎館名品展

会場:すみだ北斎美術館
会期:11月19日~2020年1月19日
https://hokusai-museum.jp/

葛飾北斎没後170年を記念し、長野県小布施の北斎の専門美術館、北斎館の名品がすみだ北斎美術館で公開される。
小布施は北斎が晩年になって訪れた地で北斎館は昭和51年にできた。
本展は「北斎 視覚のマジック」と題し、不自然な構図や形があるもののそれを感じさせない北斎の力量に迫り、北斎館が所蔵する、初期から晩年までの肉筆画と代表作「冨嶽三十六景」など前後期あわせて約130点の作品を見せる。ふだんは小布施・北斎館でしかみられない北斎画を、すみだ北斎美術館で堪能できる。

東町祭屋台天井絵 鳳凰 小布施町東町自治会所蔵、北斎館寄託 (通期)
東町祭屋台天井絵 鳳凰 小布施町東町自治会所蔵、北斎館寄託 (通期)

上町祭屋台天井絵 男浪 小布施町上町自治会所蔵、北斎館寄託 (通期)
上町祭屋台天井絵 男浪 小布施町上町自治会所蔵、北斎館寄託 (通期)
※無断転載禁止

特別展「大浮世絵展―歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演」
会場:東京都江戸東京博物館
会期:11月19日~2020年1月19日
https://dai-ukiyoe.jp/

江戸時代後半の5人の人気浮世絵師とその得意ジャンルにピンを当て、「誰もが知っており、そして誰もが見たい」とする浮世絵展。喜多川歌麿の美人画、東洲斎写楽の役者絵、葛飾北斎、歌川広重の風景画、歌川国芳の武者絵と機知に富んだ戯画を見せてくれる。
2014年1月に開催した「大浮世絵展」の第2弾と位置付け、5人の人気浮世絵師の優品を国内外から集めその代表作を展示している。

歌川広重 「東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪」
江戸時代/天保5-7年(1834-36)、横大判錦絵
ミネアポリス美術館蔵 Photo:Minneapolis Institute of Art
展示期間:2019年11月19日~12月15日(東京会場)
歌川広重 「東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪」
江戸時代/天保5-7年(1834-36)、横大判錦絵
ミネアポリス美術館蔵 Photo:Minneapolis Institute of Art
展示期間:2019年11月19日~12月15日(東京会場)

喜多川歌麿 「婦女人相十品 ポペンを吹く娘」
江戸時代/寛政4-5年(1792-3)頃、大判錦絵
メトロポリタン美術館蔵  
Image Copyright ⒸThe Metropolitan Museum of Art / Image source: Art Resource, NY
展示期間:2019年12月3日~12月22日(東京会場)
喜多川歌麿 「婦女人相十品 ポペンを吹く娘」
江戸時代/寛政4-5年(1792-3)頃、大判錦絵
メトロポリタン美術館蔵 Image Copyright ⒸThe Metropolitan Museum of Art / Image source: Art Resource, NY
展示期間:2019年12月3日~12月22日(東京会場)
※展示替えあり
※無断転載禁止

印象派からその先へ―
世界に誇る吉野石膏コレクション展

会場:三菱一号館美術館
会期:10月30日~2020年1月20日
https://mimt.jp/ygc

印象派の名品などで国内有数の吉野石膏コレクション。優しく、親しみやすい作品が多いことで知られているが、その中から、ルノワールの初期から晩年までの作品、モネの「睡蓮」、そしてピサロ、シスレー、セザンヌ等の詩情豊かな風景画、ドガ、カサットなどのパステル画、ピカソの珍しい風景画、シャガールの油彩画など、選りすぐりの72点を展示する。
本展では、石膏ボードでおなじみの大手建材メーカー・吉野石膏株式会社のコレクションを紹介する。

クロード・モネ《睡蓮》1906 年 油彩/カンヴァス 吉野石膏コレクション
クロード・モネ《睡蓮》1906 年 油彩/カンヴァス 吉野石膏コレクション
ピエール=オーギュスト・ルノワール《庭で犬を膝にのせて読書する少女》1874年 油彩/カンヴァス 
吉野石膏コレクション
ピエール=オーギュスト・ルノワール《庭で犬を膝にのせて読書する少女》1874年 油彩/カンヴァス 吉野石膏コレクション
カミーユ・ピサロ《モンフーコーの冬の池、雪の効果》1875年 油彩/カンヴァス 吉野石膏コレクション
カミーユ・ピサロ《モンフーコーの冬の池、雪の効果》1875年 油彩/カンヴァス 吉野石膏コレクション
※画像写真の無断転載を禁じます

日本・オーストリア友好150周年記念
ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史

会場:国立西洋美術館
会期:10月19日~2020年1月26日
https://habsburg2019.jp

13世紀後半から20世紀初頭まで、オーストリアを拠点に世界に勢力を拡大、広大な帝国を築き上げたハプスブルク家。「日の沈むことのない帝国」として数世紀にわたって広大な領土と多様な民族を支配し続けた同家の世界屈指のコレクションを紹介する。コレクションを蔵するウィーン美術史美術館の協力のもと、ハプスブルク家が秘蔵した絵画、版画、工芸品、タペストリー、武具など100点を、5章7セクションに渡って展示した。個性豊かなハプスブルク家の人々とその宮廷生活を紹介しつつ、コレクションに向けられた彼らのまなざしをも浮き彫りにしている。オーストリアと日本の国交樹立150年を記念した展覧会。

マリー・ルイーズ・エリザベト・ヴィジェ=ルブラン
 《フランス王妃マリー・アントワネットの肖像》
1778年
油彩/カンヴァス<br>
ウィーン美術史美術館
Kunsthistorisches Museum Wien
マリー・ルイーズ・エリザベト・ヴィジェ=ルブラン
《フランス王妃マリー・アントワネットの肖像》
1778年 油彩/カンヴァス
ウィーン美術史美術館 Kunsthistorisches Museum Wien
ベルンハルト・シュトリーゲルとその工房、あるいは工房作
《ローマ王としてのマクシミリアン1世》 1507/08年頃
油彩/板
ウィーン美術史美術館
Kunsthistorisches Museum Wien
ベルンハルト・シュトリーゲルとその工房、あるいは工房作
《ローマ王としてのマクシミリアン1世》
1507/08年頃 油彩/板
ウィーン美術史美術館 Kunsthistorisches Museum Wien
※画像写真の無断転載を禁じます

坂田一男 捲土重来
会場:東京ステーションギャラリー
会期:12月7日~2020年1月26日
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/

「ワシの絵は50年経ったら分かるようになる(雑誌/美術手帳掲載)」と言ったという坂田一男。
1889年に岡山で生まれ、画家を目指して渡仏。帰朝後は倉敷にアトリエを構え一生を過ごした。
今回、パブロピカソ以来のキュビスム(=立体派絵画)を追求した画家・坂田一男の全貌を紹介する。造形作家の岡﨑乾二郎氏を監修者に招き、坂田の全貌に迫っている。





《キュビスム的人物像》1925年 岡山県立美術館
《キュビスム的人物像》1925年 岡山県立美術館
《静物II》1934年 大原美術館
《静物II》1934年 大原美術館
※画像写真の無断転載を禁じます

国宝 雪松図と明治天皇への献茶
会場:三井記念美術館
会期:12月14日~2020年1月30日
http://www.mitsui-museum.jp/

円山応挙が描いた「国宝 雪松図屏風」を展示し、また、令和改元にちなみ、館蔵品のなかから天皇や皇室にかかわる作品を選んだ展覧会を行う。
円山応挙の「国宝 雪松図屏風」の展示は年末年始の恒例だが、今回は、明治20年に京都御所で開いた京都博覧会で、三井家が明治天皇へ献茶を行った際の茶道具も展示する。
さらに、例年通り「国宝 志野茶碗〈銘卯花墻〉」も展示する。




九郎義経 安田靫彦筆 1幅 昭和17年(1942) 室町三井家旧蔵
九郎義経 安田靫彦筆 1幅 昭和17年(1942) 室町三井家旧蔵
稲菊蒔絵鶴卵盃 柴田是真作 1対 明治時代 北三井家旧蔵
稲菊蒔絵鶴卵盃 柴田是真作 1対 明治時代 北三井家旧蔵
桐木地菊置上茶箱 1箱 江戸時代 北三井家旧蔵
桐木地菊置上茶箱 1箱 江戸時代 北三井家旧蔵
※画像写真の無断転載を禁じます

やきもの入門
―色彩・文様・造形をたのしむ

会場:出光美術館
会期:11月23日~2020年2月2日
http://idemitsu-museum.or.jp/

毎日使う食器、酒器さらに花器など、私たちの身の回りに溢れ、生活を豊かに彩ってくれるやきもの。日本では「やきもの文化」といわれる領域にまで達している。
日本のやきものは、中国や朝鮮といった国々の技術や文化に憧れを抱きつつ発展した一方、茶道に代表されるような日本独自の文化や習慣が組み入れられ、やきものの評価へとつながっている歴史がある。卓越した技をもつ陶工たちと、それを受容する審美眼に優れた人々によって、日本のやきもの文化は育まれてきたといえるだろう。
本展では、そのようなやきものを「色彩」「文様」「造形」という3つの視点から紹介する。

色絵花鳥文八角共蓋壺<br>柿右衛門 江戸時代前期 重要文化財 出光美術館
色絵花鳥文八角共蓋壺
柿右衛門 江戸時代前期 重要文化財 出光美術館
色絵鳳凰文共蓋壺<br>野々村仁清 江戸時代前期 重要文化財 出光美術館
色絵鳳凰文共蓋壺
野々村仁清 江戸時代前期 重要文化財 出光美術館
※画像写真の無断転載を禁じます

開館40周年記念 太田記念美術館所蔵
肉筆浮世絵名品展 
―歌麿・北斎・応為

会場:太田記念美術館
会期:2020年1月11日~2月9日
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/

太田記念美術館が開館して40年。それを記念して、当館所蔵の肉筆画の名品を選りすぐり公開する。
下絵を描く絵師と彫師、摺師による分業アンサンブルで生まれる版画と違い、肉筆画は絵師が最初から完成まで手作業で仕上げる一点物。絵師たちの生の筆致や技量、そしてこの絵に賭ける執念をうかがい知ることができる。
浮世絵初期の菱川師宣そして鳥居清長や喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川広重などと明治時代に活躍した小林清親、月岡芳年など長い浮世絵の歴史を彩る肉筆画の名品が揃った。近年注目を集めている北斎の娘、葛飾応為(かつしかおうい)の名品「吉原格子先之図」が約2年ぶりに公開されるのも注目できる。

葛飾応為「吉原格子先之図」
葛飾応為「吉原格子先之図」
鍬形蕙斎「桜花遊宴図」
鍬形蕙斎「桜花遊宴図」
※画像写真の無断転載を禁じます

特別展ミイラ~「永遠の命」を求めて
会場:国立科学博物館
アクセス: 会期:11月2日~2020年2月24日
https://www.tbs.co.jp/miira2019/

ミイラというとエジプトのそれがよく知られている。が、本展では、エジプトに加えヨーロッパ、オセアニア、日本などの計43体を紹介する。
自然にミイラになったものと人工的にミイラにしたものを集め、その背景にある文化や死生観に迫っている。
また、近年の科学技術の発展により、ミイラが発信する大量のデータを解析、知ることができるようになったミイラの実像も紹介する。

ペンジュの棺 木 エジプト 紀元前800年頃 第3中間期、第22王朝~第23王朝 レーマー・ペリツェウス博物館所蔵 ROEMER- UND PELIZAEUS-MUSEUM HILDESHEIM
ペンジュの棺 木 エジプト 紀元前800年頃 第3中間期、第22王朝~第23王朝 レーマー・ペリツェウス博物館所蔵 ROEMER- UND PELIZAEUS-MUSEUM HILDESHEIM
ネコのミイラ 動物のミイラ、リネン エジプト グレコ・ローマン時代(紀元前2世紀か前1世紀頃) レーマー・ペリツェウス博物館所蔵 ROEMER- UND PELIZAEUS-MUSEUM HILDESHEIM
ネコのミイラ 動物のミイラ、リネン エジプト グレコ・ローマン時代(紀元前2世紀か前1世紀頃) レーマー・ペリツェウス博物館所蔵 ROEMER- UND PELIZAEUS-MUSEUM HILDESHEIM
中王国時代の子どものミイラ ミイラ エジプト 中王国時代、第11王朝末~第12王朝初頭(紀元前2010年頃-前1975年頃) レーマー・ペリツェウス博物館所蔵 ROEMER- UND PELIZAEUS-MUSEUM HILDESHEIM
中王国時代の子どものミイラ ミイラ エジプト 中王国時代、第11王朝末~第12王朝初頭(紀元前2010年頃-前1975年頃) レーマー・ペリツェウス博物館所蔵 ROEMER- UND PELIZAEUS-MUSEUM HILDESHEIM
※画像写真の無断転載を禁じます

ニューヨークが生んだ伝説の写真家
永遠のソール・ライター


会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
会期:2020年1月9日(木)~3月8日(日)
休館日:1/21(火)・2/18(火) https://www.bunkamura.co.jp/museum/
exhibition/20_saulleiter/


商業写真家として活躍し、1980年代になって突如、表舞台から姿を消した写真家ソール・ライター。ほとんど知られていなかった写真家。当時すでに80歳を超えていた2006年に出版された作品集を機に、再び写真界で脚光を浴びる。2017年に同館で開催された日本初の回顧展では大きな話題を呼んだ。
本展では、世界初公開の作品を中心にその業績を紹介する。また、仕事場に残された膨大かつ多様な作品資料によって、ソール・ライターの創作の秘密に迫る。

ソール・ライター 《薄紅色の傘》<br>
1950年代、発色現像方式印画 ⒸSaul Leiter Foundation
ソール・ライター 《薄紅色の傘》
1950年代、発色現像方式印画 ⒸSaul Leiter Foundation
ソール・ライター 《帽子》 1960年頃、発色現像方式印画 ⒸSaul Leiter Foundation
ソール・ライター 《帽子》
1960年頃、発色現像方式印画 ⒸSaul Leiter Foundation
※画像写真の無断転載を禁じます

日本書紀成立1300年
特別展「出雲と大和」


会場:東京国立博物館【平成館】
会期:2020年1月15日~3月8日
https://izumo-yamato2020.jp/

日本で最初の正史「日本書紀」が編纂された養老4年(720年)から1300年。
神代がまとめられた巻1、巻2。その後第41代・持統天皇までの治世を、全30巻にまとめている。
「日本書紀」の冒頭は出雲国と大和国の衝突が描かれている。が、出雲大社のある島根県とヤマト王建のあった奈良県が東京国立博物館と共同で展覧会を開催することになった。
神様が活躍する話と時代の現実との接点がどこらへんなのか、戦後に生まれた我々には解りづらい。それらのことを出雲と大和から出たたくさんの名器、名品を見ながら、明らかにしているようだ。

重要文化財 赤糸威肩白鎧  室町時代・15~16世紀  前期展示(1/15~2/9) 島根・出雲大社蔵
重要文化財 赤糸威肩白鎧
室町時代・15~16世紀  前期展示(1/15~2/9) 島根・出雲大社蔵
国宝 広目天立像(四天王像のうち)  奈良時代・8世紀  奈良・唐招提寺蔵
国宝 広目天立像(四天王像のうち)
奈良時代・8世紀  奈良・唐招提寺蔵
※画像写真の無断転載を禁じます

ブダペスト国立西洋美術館 & ハンガリー・ナショナル・ギャラリー所蔵
ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年

会場:国立新美術館
会期:12月4日~2020年3月16日
https://budapest.exhn.jp

日本とハンガリーの外交関係が開かれて150年。それを記念し、ブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーのコレクション展を開催する。両館の所蔵品がまとまった形で日本に来るのは25年ぶりだという。
本展では、ルネサンスから20世紀初頭まで約400年の間に生まれた、クラーナハ、ティツィアーノ、エル・グレコ、ルノワール、モネなどの絵画、素描、彫刻の名品が130点展示される。日本では目にする機会の少ない19・20世紀ハンガリーの作家たちの名作も出品されるという。

オーギュスト・ルノワール《少女の胸像》<br>
1895年頃 油彩/カンヴァス ブダペスト国立西洋美術館<br>
© Museum of Fine Arts,Budapest – Hungarian National Gallery, 2019
オーギュスト・ルノワール《少女の胸像》
1895年頃 油彩/カンヴァス ブダペスト国立西洋美術館
© Museum of Fine Arts,Budapest – Hungarian National Gallery, 2019
シニェイ・メルシェ・パール《紫のドレスの婦人》<br>
1874年 油彩/カンヴァス ブダペスト、ハンガリー・ナショナル・ギャラリー<br>
© Museum of Fine Arts,Budapest – Hungarian National Gallery, 2019
シニェイ・メルシェ・パール《紫のドレスの婦人》
1874年 油彩/カンヴァス ブダペスト、ハンガリー・ナショナル・ギャラリー
© Museum of Fine Arts,Budapest – Hungarian National Gallery, 2019
※画像写真の無断転載を禁じます

ハマスホイとデンマーク絵画
会場:東京都美術館
会期:2020年1月21日~3月26日
https://artexhibition.jp/denmark2020/

身近な人物の肖像、静まりかえった室内など限られた主題を黙々と描いたデンマークを代表する画家ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864-1916)。
没後、一時は忘れられていたが、1990年代以降、オルセー美術館やグッゲンハイム美術館などで次々と回顧展が開催され、再び脚光を浴びている。
日本でも2008年にはじめての展覧会が開催され、多くの美術ファンを魅了した。今回、19世紀デンマーク絵画とともに日本初公開を含むハマスホイ作品約40点を紹介する。

ヴィルヘルム・ハマスホイ 《寝室》 1896年 ユーテボリ美術館蔵
Gothenburg Museum of Art, Sweden 🄫 Photo: Hossein Sehatlou
ヴィルヘルム・ハマスホイ 《寝室》 1896年 ユーテボリ美術館蔵 Gothenburg Museum of Art, Sweden 🄫 Photo: Hossein Sehatlou
ヴィルヘルム・ハマスホイ 《背を向けた若い女性のいる室内》 1903-04年 ラナス美術館蔵
© Photo: Randers Kunstmuseum
ヴィルヘルム・ハマスホイ 《背を向けた若い女性のいる室内》 1903-04年 ラナス美術館蔵 © Photo: Randers Kunstmuseum
ヴィゴ・ヨハンスン 《春の草花を描く子供たち》 1894年 スケーイン美術館蔵
Art Museums of Skagen
ヴィゴ・ヨハンスン 《春の草花を描く子供たち》 1894年 スケーイン美術館蔵 Art Museums of Skagen
※画像写真の無断転載を禁じます

開館記念展「見えてくる光景
コレクションの現在地」

会場:アーティゾン美術館
会期:2020年1月18日 ~ 3月31日
https://www.artizon.museum/

2020年1月18日に開館するアーティゾン美術館を紹介。旧名はブリヂストン美術館。本展は「見えてくる光景 コレクションの現在地」をテーマとする2部構成で、第1部は「アートをひろげる」とし、古今東西の名品を「ひとつの地平」として並べ一望する。出品作家はエドゥアール・マネ、アンリ・ファンタン=ラトゥール、ポール・セザンヌ、ピエール=オーギュスト・ルノワール、ヴァシリー・カンディンスキー、青木繁、マーク・ロスコ、ジャクソン・ポロック、草間彌生など。
第2部は「アートをさぐる」として「装飾」「古典」「原始」「異界」「聖俗」「記録」「幸福」の7つのテーマで美術を掘り下げる。
アーティゾン美術館では、他に先駆けて日時指定予約制を導入し鑑賞しやすくした。

エドゥアール・マネ《自画像》 1878-79 年 石橋財団アーティゾン美術館蔵
エドゥアール・マネ《自画像》 1878-79 年 石橋財団アーティゾン美術館蔵
ヴァシリー・カンディンスキー《自らが輝く》1924年 ( 新収蔵作品) 石橋財団アーティゾン美術館蔵
ヴァシリー・カンディンスキー《自らが輝く》1924年 (新収蔵作品)
石橋財団アーティゾン美術館蔵
青木繁《海の幸》1904年 石橋財団アーティゾン美術館蔵
青木繁《海の幸》1904年 石橋財団アーティゾン美術館蔵
※画像写真の無断転載を禁じます