あるく あるける MAP & NEWS

東京アートニュース

 
東京アートニュース  
地図を見る地図を見る 地図 地図を見るスマホ用 地図を印刷する 地図を見るPC用 ご利用規約 Pg/b取扱説明書

《ヘクトルとアンドロマケ》 1970年 油彩・カンヴァス
ジョルジョ・エ・イーザ・デ・キリコ財団
© Fondazione Giorgio e Isa de Chirico, Roma  © Giorgio de Chirico, by SIAE 2024

デ・キリコ展
会場:東京都美術館 →上野MAPへ
会期:4月27日(土)~8月29日(木)
休室日:月曜(5月6日、7月8日、8月12日は開室)、5月7日、7月9日~7月16日
開室時間:9:30~17:30、金曜9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
https://dechirico.exhibit.jp/

イタリア人の両親のもと、ギリシャで生まれたジョルジョ・デ・キリコ(1888-1978)。1910年頃から、簡潔明瞭な構成で広場や室内を描きながらも、歪んだ遠近法、モティーフの脈絡のない配置、幻想的な雰囲気によって、日常の奥に潜む非日常を表した絵画を描き始め、後に「形而上絵画」と名付けた1910年代の作品は、サルバドール・ダリやルネ・マグリットといった後のシュルレアリスムの画家をはじめ、数多くの芸術家に衝撃を与えた。1919年以降は伝統的な絵画技法に興味を抱くようになり、古典絵画の様式へ回帰すると同時に、過去に描いた「形而上絵画」の再制作や、「新形而上絵画」と呼ばれる新たな作品も生み出し、90歳で亡くなるまで精力的に創作を続けた。
本展では、デ・キリコのおよそ70年にわたる画業を「イタリア広場」「形而上的室内」「マヌカン」などのテーマに分け、初期から晩年までの絵画を余すところなく紹介。彼の手掛けた彫刻や挿絵、さらには舞台衣装のデザインなども展示し、デ・キリコ芸術の全体像に迫る大回顧展となっている。

人《燃えつきた太陽のある形而上的室内》 1971年 油彩・カンヴァス
ジョルジョ・エ・イーザ・デ・キリコ財団
© Fondazione Giorgio e Isa de Chirico, Roma  © Giorgio de Chirico, by SIAE 2024
※無断転載禁止

入場人数の制限や、入場券・日時指定券が必要な場合がありますので、お出かけ前に必ず公式サイトでご確認ください。


東京

サントリー美術館コレクション展 名品ときたま迷品
会場:サントリー美術館 →六本木MAPへ
会期:4月17日(水)~6月16日(日)
※作品保護のため、会期中展示替えあり
休館日:火曜(6月11日は18:00まで開館)
開館時間:10:00~18:00、金曜・5月2日~5月5日・6月15日は10:00~20:00
https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2024_2/index.html

1961年の開館以来「生活の中の美」を基本理念として収集活動を行ってきたサントリー美術館コレクションの中から、これまであまり展示機会のなかった作品をさまざまな角度から紹介。
サントリー美術館が所蔵する計16件の国宝・重要文化財指定作品も出品される。
通常の作品解説に加えて、作品にまつわる逸話や意外な一面など学芸員によるマニアックな情報も知ることができるので、新たな魅力を発見できる展覧会となっている。

  • 鞠・鞠挟 一組 江戸時代 18~19世紀 サントリー美術館 【通期展示】
    ※無断転載禁止

特別展「大哺乳類展3-わけてつなげて大行進」
会場:国立科学博物館 →上野MAPへ
会期:3月16日(土)~6月16日(日)
休館日:月曜、5月7日
開館時間:9:00~17:00(入場は16:30まで)
https://mammals3.exhibit.jp/

分類と系統から哺乳類の進化の不思議に迫る展覧会。
見た目や内部の特徴、DNAなどをもとにグループ分けし、それらの関係性をつなぎあわせることで浮かび上がる哺乳類の不思議を紐解き、500点を超える標本を通して、現在6500種以上に分類される哺乳類の進化と多様化に迫る。
会場中央を横断する大ステージでは、陸と海の哺乳類あわせて約200点の標本が、本展のテーマに即して関係性の近いグループごとに行進する様子を楽しめる。
初公開の標本や、現在地球上で最大の動物であるシロナガスクジラの心臓の実物大レプリカは必見だ。

  • 本展会場での哺乳類大行進の様子(撮影:山本倫子)
    ※無断転載禁止

特別展「法然と極楽浄土」
会場:東京国立博物館 平成館 →上野MAPへ
会期:4月16日(火)~6月9日(日) ※会期中、一部作品の展示替えあり
休館日:月曜(5月6日は開館)、5月7日
開館時間:9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
https://tsumugu.yomiuri.co.jp/honen2024-25/

2024年に浄土宗開宗850年を迎えることを機に、法然による浄土宗開宗から徳川将軍家の帰依によって大きく発展を遂げるまでを、全国の浄土宗ゆかりの名宝の数々を中心に紹介。 国宝「綴織當麻曼陀羅」「阿弥陀二十五菩薩来迎図(早来迎)」をはじめとする浄土教美術の名品や、大スケールの「仏涅槃群像」など、浄土宗ゆかりの多彩な文化財を見るなかで、困難な時代に分け隔てなく万人の救済を目指した法然と門弟たちの生き方に触れることができる。

  • 重要文化財 當麻曼陀羅図(貞享本) 青木良慶・宗慶筆 江戸時代・貞享3年(1686) 奈良・當麻寺蔵(画像提供:奈良国立博物館) 5/8~6/9展示
    ※無断転載禁止

北欧の神秘―ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
会場:SOMPO美術館
会期:3月23日(土)~6月9日(日)
休室日:月曜(4月29日、5月6日は開館)
開室時間:10:00~18:00、金曜10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
https://www.sompo-museum.org/exhibitions/2023/magic-north/

北欧の中でヨーロッパ大陸と地続きにありながらも、北方の気候風土のもとで独特の文化を育んだノルウェー、スウェーデン、フィンランド。
本展では、この3ヶ国に焦点を定め、ノルウェー国立美術館、スウェーデン国立美術館、フィンランド国立アテネウム美術館という3つの国立美術館の協力を得て、各館の貴重なコレクションから選び抜かれた約70点の作品を展覧する。
19世紀以降、北欧特有の雄大な自然風景、神話や土地に伝わる民話を主題とした独自の絵画の流れが現れた、北欧の知られざる一面を感じ取りたい。

  • エドヴァルド・ムンク《ベランダにて》1902年、
    油彩・カンヴァス、86.5 × 115.5cm、ノルウェー国立美術館 Photo: Nasjonalmuseet / Børre Høstland
    ※無断転載禁止

テレビ朝日開局65周年記念
『MUCA(ムカ)展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~』

会場:森アーツセンターギャラリー →六本木MAPへ
会期:3月15日(金)~6月2日(日)
休館日:会期中無休
開館時間:10:00~19:00、金・土・祝日・祝前日・GW(4/27~5/6)10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
https://www.mucaexhibition.jp/

ヨーロッパで高い人気を誇るアーバン・アートと現代アートに特化した美 術館「Museum of Urban and Contemporary Art(MUCA)」が所蔵するコレクションを紹介する展覧会。
本展では、現代の都市空間で発達した新しいアート・視覚芸術として、壁や建物、道路や橋などの公共の場所にアートを描き、時に政治的、社会的なメッセージを人々に訴えかけるアーバン・アートのアイコンともいえる10 名の作家にスポットを当て、日本初公開の作品を含む60点以上を紹介する。

  • ※無断転載禁止

特別展「画鬼 河鍋暁斎鬼才 松浦武四郎」
会場:静嘉堂@丸の内 →東京MAPへ皇居MAPへ
会期:4月13日(土)~6月9日(日)
休館日:月曜(4月29日、5月6日は開館)、5月7日
開館時間:10:00~17:00、土曜10:00~18:00、第4水曜10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
https://www.seikado.or.jp/exhibition/next_exhibition/

幕末から明治期に活躍した絵師・河鍋暁斎(1831~1889)と、探検家で好古家、著述家、北海道の名付け親である松浦武四郎(1818~1888)の交流は、武四郎の愛玩品図録『撥雲余興』の挿絵を依頼されたことに始まり、住いも近く、ともに天神を信仰した。
本展では、暁斎が武四郎を釈迦に見立てて描いた「武四郎涅槃図」と、そこに描かれた「大首飾り」をはじめとした武四郎愛玩の品々を同じ空間で展示し、「武四郎涅槃図」を立体的に再現している。
また、暁斎の代表作の一つ「地獄極楽めぐり図」を全場面展示。あわせて、二人を支えた川喜田石水、川喜田半泥子、岩﨑小彌太との縁を紹介する。

  • 河鍋暁斎 重要文化財「武四郎涅槃図」 明治19年(1886)
    松浦武四郎記念館蔵
    ※無断転載禁止

皇居三の丸尚蔵館 開館記念展 皇室のみやび―受け継ぐ美―
会場:皇居三の丸尚蔵館
会期:11月3日(金)~2024年6月23日(日)
 第1期/「三の丸尚蔵館の国宝」11月3日(金・祝)~12月24日(日)
 第2期/「近代皇室を彩る技と美」2024年1月4日(木)~3月3日(日)
 第3期/「近世の御所を飾った品々」2024年3月12日(火)~5月12日(日)
 第4期/「三の丸尚蔵館の名品」2024年5月21日(火)~6月23日(日)
 ※第1~3期は会期中一部展示替えあり 
休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)、12月25日~1月3日、展示替え期間
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
https://pr-shozokan.nich.go.jp/miyabi/

今年11月に開館30年を迎える三の丸尚蔵館が、令和という新たな時代に、装いを新たに「皇居三の丸尚蔵館」として開館することを記念して開催する展覧会。
「皇室のみやび」をテーマに、多種多彩な収蔵品を4期に分けて展示。国宝・《蒙古襲来絵詞》、国宝・狩野永徳《唐獅子図屏風》、国宝・伊藤若冲《動植綵絵》 (全30幅のうち12幅)など、代表的な名品を多数公開され、明治・大正・昭和の天皇皇后の日常を偲ばせる品々など、初公開となる作品も目にすることができる。

  • ※無断転載禁止

茨城

石岡瑛子 I デザイン
会場:茨城県近代美術館
住所:茨城県水戸市千波町東久保666-1
会期:4月27日(土)~7月7日(日)
休館日:月曜
開館時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)
https://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/viewer/info.html?id=322

デザイナー、アートディレクターとして人々に新しい価値観を提示し、広告、舞台、映画など多岐に渡る分野で国際的に活躍した石岡瑛子(1938-2012)。
本展では資生堂やPARCOの広告など前半期の代表作を中心に、アートディレクターとして采配を振るったポスターやCM、グラフィックアートからスケッチまで、約500点の作品を一挙公開。
今なお鮮烈な輝きを放つ石岡瑛子の仕事の本質に迫るとともに、その創造の核となった「I=私」を浮き彫りにする。

  • 「鶯は誰にも媚びずホーホケキョ」PARCO ポスター (1976)
    ※無断転載禁止

栃木

大川美術館コレクションによる20世紀アートセレクション
― ピカソ、ベン・シャーンからポップ・アートまで

会場:宇都宮美術館
住所:栃木県宇都宮市長岡町1077
会期:6月9日(日)~8月18日(日)
休館日:月曜(7月15日、8月12日は開館)、7月16日、8月13日
開館時間:9:30~17:00(最終入場は16:30)
http://u-moa.jp/exhibition/exhibition2.html

自らを「サラリーマン・コレクター」と称した大川栄二氏は、週刊誌の表紙絵を蒐集することから芸術の虜になり、以降約40年にわたり国内外の美術品を蒐集し、大川美術館の礎となるコレクションを形成した。
本展では、大川美術館(群馬県桐生市)が所蔵する20世紀アートのコレクションから、モーリス・ユトリロ、パブロ・ピカソ、ベン・シャーン、アンディ・ウォーホルらの逸品を厳選して展示。キュビスム、シュルレアリスム、ポップ・アートといった20世紀を代表する潮流の作品群を紹介し、20世紀に誕生した芸術の多彩な表現を辿る。

  • モーリス・ユトリロ《花》1940年
    ※無断転載禁止

群馬

日本のまんなかでアートをさけんでみる
会場:原美術館 ARC
住所:群⾺県渋川市⾦2855-1
会期:3月16日(土)~9月8日(日)
休館日:木曜(5月2日は開館、8月を除く)
開館時間:9:30~16:30(入場は16:00まで)
https://www.haramuseum.or.jp/jp/arc/exhibition/1555/

現代美術と東洋古美術の収蔵品展を主軸としている原美術館ARCでは、毎年、ここから発信する意味や意義を考慮したテーマの展覧会を開催している。2024年春夏季は、「日本のまんなかでアートをさけんでみる」と題し、主に原美術館コレクションと原六郎コレクションから厳選した作品を展示する。
なかでも、原美術館とハラ ミュージアム アークをモチーフに制作された佐藤時啓「光-呼吸」全12作品は大きな見どころで、ほかにもアーティストとの交流と信頼関係を礎に収蔵された作品の数々を展覧する。
豊かな自然とその移ろいとともにある、時間芸術のような原美術館ARCでのアート体験を楽しみたい。

  • 佐藤時啓「光―呼吸 Harabi#2」2020年 ピグメンプリント
    (c)Tokihiro Sato
    ※無断転載禁止


神奈川

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物
会場:そごう美術館
住所:神奈川県横浜市西区高島2丁目18-1 そごう横浜店6F
会期:5月1日(水)~7月1日(月)
休館日:会期中無休
開館時間:10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
https://www.sogo-seibu.jp/common/museum/archives/24/kagaya/pdf/flyer.pdf

世界中をかけめぐり、絶えず変化する星空を絵や写真、映像やプラネタリウム番組などさまざまなかたちで表現する星空写真家・KAGAYA。
本展では、KAGAYAの代表的な写真作品、新作32点を含む約100点を、「四季の星空」「月のある空」「オーロラ」「天の川を追う星の旅」「一瞬の宇宙」、そして新章「天空を映す」のカテゴリーに分け、一堂に展示する。
あわせて、KAGAYAが撮影した迫力あふれる新作映像作品を体験できるコーナーを新設。壮大な音楽とともに、16mの大画面へ投映する。
はるかなる星空の世界へ没入できる展覧会だ。

  • 《天空の庭》 ©KAGAYA
    ※無断転載禁止

1950~60年代の日本画―造形への挑戦
会場:平塚市美術館
住所:神奈川県平塚市西八幡1丁目3-3
会期:4月6日(土)~6月2日(日)
休館日:⽉曜(祝⽇の場合は翌日)
開館時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)
https://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/20162006_00037.html

1950~60年代にかけて日本画の変革が目指され、欧米の絵画を参照した堅牢な造形や力強いマチエール、抽象表現が取り入れられ、結果として日本画と洋画の造形的な境目があいまいになった。
本展では、所蔵品の中からこの時期に制作された日本画と洋画の作品約50点を併せて展示し、その造形的な特徴の一端を紹介する。
また、再整備事業のために閉場している国立劇場所蔵の小倉遊亀、加山又造、上村松篁らの日本画の大作8点が公開される。

  • 益井三重子《マリちゃんと猿》1955年、平塚市美術館蔵
    ※無断転載禁止

山梨

平山郁夫 ―仏教伝来と旅の軌跡
会場:平山郁夫シルクロード美術館
住所:山梨県北杜市長坂町小荒間2000-6
会期:3月23日(土)~9月9日(日)
休館日:会期中無休
開館時間:10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
https://www.silkroad-museum.jp/category/future_events

開館20周年を記念して、平山郁夫の画業の起点となった《仏教伝来》(1959年)やその翌年に発表した《天山南路 夜》(1960年)などの初期作、釈迦の生涯を描いた「仏伝シリーズ」や、日本文化の源流を求めて旅したシルクロード各地を題材とした作品や制作に関連する資料を展示。
佐久市立近代美術館、平山郁夫美術館の特別協力のもと、若き日の平山郁夫の創作を振り返りながら、多彩な平山郁夫の絵画世界を「仏の道をもとめて」「シルクロードへの旅」「日本の風景を描く」「《仏教伝来》への道」の4つの章に筋立てて紹介する。

  • 《仏教伝来》 1959年 佐久市立近代美術館
    ※無断転載禁止

石川

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展
会場:国立工芸館  →金沢MAPへ
住所:石川県金沢市出羽町3-2
会期:3月19日(火)~6月2日(日)
休館日:月曜(4月1日・8日・29日、5月6日は開館)、5月7日
開館時間:9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)
https://www.momat.go.jp/craft-museum/exhibitions/557

「志野」は、日本陶磁の歴史において初めての白いやきものであるとともに、初めて筆を使って絵付を施したやきものだ。その「志野」に革新をもたらした人間国宝・鈴木藏の卒寿を記念する展覧会。
薪窯でしか焼けないとされていた「志野」にガス窯で挑戦し、自然への畏敬の念を重んじ、伝統を大切にした中から独自の作陶スタイルを確立した鈴木藏の、初期から最新までの作品を一堂に展示。
古典を大切にしながらも独自の美意識を作品に映し出す、鈴木藏の軌跡と“今”を紹介する。

  • 鈴木藏《志野茶碗》2019年 個人蔵
    ※無断転載禁止

滋賀

滋賀県立美術館開館40周年記念 つくる冒険 日本のアール・ブリュット45人
―たとえば、「も」を何百回と書く。

会場:滋賀県立美術館
住所:滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1
会期:4月20日(土)~6月23日(日)
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)
開館時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)
https://www.shigamuseum.jp/exhibitions/6271/

日本語では、「生(なま)の芸術」と訳されてきた「アール・ブリュット」は、1940年代にフランスの画家、ジャン・デュビュッフェが、精神障害者や独学のつくり手などの作品に心を打たれ、提唱した美術の概念。 本展では、2023年に日本財団より受贈した、45人の日本のアール・ブリュットのつくり手による作品約450点を展示。冴えたひらめきや、ひたむきなこだわりを形にするため、出どころの謎めいた発想と熱量をもって挑む、そんな冒険的な創作との出会いを楽しめる。

  • 佐々木早苗《無題》2007〜2008年 滋賀県立美術館蔵
    撮影:大西暢夫 写真提供:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
    ※無断転載禁止

京都

京都市美術館開館90周年記念展「村上隆 もののけ 京都」
会場:京都市京セラ美術館 新館 東⼭キューブ →祇園・清水寺・銀閣寺MAPへ
住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
会期:2⽉3日(土)~9⽉1⽇(⽇)
休館日:⽉曜(祝⽇の場合は開館)
開館時間:10:00~18:00(最終⼊場は17:30)
https://takashimurakami-kyoto.exhibit.jp/

現代美術の最前線で活躍する村上隆(1962年⽣まれ)の、国内では約8年ぶりの⼤規模個展。
村上が活動初期から深い関⼼を寄せてきたここ京都を舞台に、⼤作《洛中洛外図 岩佐⼜兵衛rip》や《雲⿓⾚変図》など、江⼾時代に京都を中⼼に活躍した絵師たちの代表作を村上が独⾃に解釈・引⽤し、再構築した新作、国内初公開作品約170点が複数のセクションで展示され、京都に正⾯から対峙して創り出した「新・村上ワールド」が展開されている。

  • 《尾形光琳の花》(参考画像)
    Ogata Kōrin's Flowers (Reference image) 2023年
    Ⓒ2023 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd.All Rights Reserved.
    ※無断転載禁止




TOP