あるく あるける MAP & NEWS

東京アートニュース

 
東京アートニュース  
地図を見る 地図を見る 地図 地図を見るスマホ用 地図を印刷する 地図を見るPC用 ご利用規約 Pg/b取扱説明書

川端龍子《黒潮》1932(昭和7)年 絹本・彩色 山種美術館

【特別展】 水のかたち
 ―《源平合戦図》から千住博の「滝」まで―

会場:山種美術館
会期:7月9日(土)~9月25日(日)
 前期/7月9日(土)~8月14日(日)
 後期/8月16日(火)~9月25日(日)
 ※会期中、一部の作品を展示替え
休館日:月曜(7月18日、9月19日は開館)、7月19日、9月20日
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
https://www.yamatane-museum.jp/exh/2022/water.html

水をテーマとした涼やかな展覧会。
古来、名所絵や山水画、物語絵など、さまざまな主題の中で描かれ、近代以降の日本画においても、海や湖、川や滝を題材とした風景画から、水辺の場面を描く歴史画まで、水が主要なモティーフとなった作品は数多い。
本展では、海辺を舞台とする《源平合戦図》から、《名所江戸百景 大はしあたけの夕立》など雨を描いた名作で知られる歌川広重(1797-1858)の名所絵、高価な群青色の岩絵具をふんだんに使って海を表現する川端龍子(1885-1966)の《黒潮》、中国の幽玄な山水の景を水墨で描き出した松尾敏男(1926-2016)の代表作《連山流水譜》、画家の代名詞にもなっている千住博(1958- )の「滝」シリーズまで、水を印象的に描き出した優品の数々を展示。
また、水辺を舞台にした場面も多い源平の物語の作品を「水のかたち展」で取り上げるとともに、源義経と藤原秀衡を描く安田靫彦(1884-1978)《平泉の義経》、平清盛の娘・徳子(建礼門院)を描く今村紫紅(1880-1916)《大原の奥》など、源平のヒーロー、ヒロインを題材とした作品を併せて特集展示する。

横山大観《夏の海》1952(昭和27)年頃 紙本・彩色 山種美術館
※無断転載禁止

新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会は中止になる場合があります。
また、入場人数の制限や、入場券・日時指定券が必要な場合もありますので、必ず公式サイトでご確認ください。


東京

特別展「北斎 百鬼見参」
会場:すみだ北斎美術館
会期:6月21日(火)~8月28日(日)
 前期/6月21日~7月24日
 後期/7月26日~8月28日
休館日:月曜(7月18日は開館)、7月19日
開館時間:9:30~17:30(入館は17:00まで)
https://hokusai-museum.jp/HyakkiKenzan/

日本人の心に深く根ざし、その精神世界の形成に大きな影響を与えている「鬼」。
本展覧会では、人気の錦絵「百物語」や版本などから鬼に関連する作品を紹介し、北斎がどのように鬼を捉え、表現してきたかに迫る。北斎や門人による、怖い鬼、哀しい鬼、愛すべき鬼など、前期・後期合わせて約145点の鬼の浮世絵が展示され、北斎として珍しい能を題材にした肉筆画「道成寺図」も初公開される。

  • 葛飾北斎『北斎略画手ほどき』
    すみだ北斎美術館蔵(通期)
    ※無断転載禁止

牧歌礼讃 / 楽園憧憬 アンドレ・ボーシャン + 藤田龍児
会場:東京ステーションギャラリー →東京MAPへ
会期:4月16日(土)~7月10日(日)
 前期/4月16日~5月29日
 後期/5月31日~7月10日
 ※会期中一部展示替えあり
休館日:月曜(7月4日は開館)
開館時間:10:00~18:00、金曜10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
https://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/202204_andre_fujita.html

アンドレ・ボーシャンは20世紀前半のフランスで、藤田龍児は20世紀後半の日本で活躍した画家。時代も国も異なる二人で、それぞれ破産した農園と病気の妻、あるいは大病による半身不随という苦境の中で、心を癒してくれるような作品群を生み出した。
彼らの作品は、共に牧歌的な雰囲気に満ち、楽園を思わせる明るい陽光と豊かな自然にあふれている。
本展では、両者の代表作を含む計114点を展示。人と自然が調和して暮らす世界への憧憬に満ちた彼らの作品は、色や形を愛で、描かれた世界に浸るという、絵を見ることの喜びを思い起こさせてくれる。

  • アンドレ・ボーシャン《芸術家たちの聖母》
    1948年 個人蔵(ギャルリーためなが協力)
    ※無断転載禁止

ルートヴィヒ美術館展
20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

会場:国立新美術館 企画展示室2E →六本木MAPへ
会期:6月29日(水)~9月26日(月)
休館日:火曜
開館時間:10:00~18:00、金・土曜10:00~20:00(入場は閉館の30分前まで)
https://ludwig.exhn.jp

ドイツのケルン市が運営するルートヴィヒ美術館のコレクションは、市民のコレクターたちによる寄贈を軸に形成されてきた。
本展では、そのコレクターたちに焦点を当てて、同館を代表する152点を紹介する。出品作品には、ドイツ表現主義、新即物主義、キュビスム、ロシア・アヴァンギャルド、バウハウス、シュルレアリスム、ピカソやポップ・アート、前衛芸術から抽象美術、そして2000年代以降の美術まで、20世紀初頭から今日までの多様な表現がちりばめられている。

  • ※無断転載禁止

ボテロ展 ふくよかな魔法
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム →渋谷MAPへ
会期:4月29日(金・祝)~7月3日(日)
休館日:5月17日
開館時間:10:00~18:00、金・土曜10:00~21:00(入館は各閉館の30分前まで)
https://www.ntv.co.jp/botero2022/

南米コロンビア出身の美術家、フェルナンド・ボテロ(1932~)の、26年ぶりに開催される展覧会。
1950年代後半から欧米で高く評価され、今日では現代を代表する美術家のひとりに数えられているボテロの作品の特徴は、あらゆるかたちがふくらんでいるということ。彼のモチーフは、人物も動物もふくよかで、果物は熟れきっているかのように膨らみ、楽器や日用品さえも膨張している。そこには官能、ユーモアやアイロニーなど、複雑な意味合いが含まれ、観る人のさまざまな感覚に力強く訴えかける。それはボテロ独特の「魔法」ともいえるもので、世界中で注目され続ける理由がそこにある。
本展では、ボテロ本人の監修のもと、貴重な初期作品から近年の作品まで、油彩画、水彩画、素描など70点を紹介。
「初期作品」、「静物」、「信仰の世界」、「ラテンアメリカの世界」、「サーカス」、「変容する名画」という章立てで、ラテンアメリカの人びとの日常や信仰、サーカスなどを題材にした作品から、その名を一躍有名にした古典の名画を題材とした作品まで、いまなお精力的に制作を続ける、彼の画業をたどることができる。

  • フェルナンド・ボテロ《モナ・リザの横顔》
    2020年 油彩/カンヴァス
    ※無断転載禁止

国立西洋美術館リニューアルオープン記念 自然と人のダイアローグ
フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで

会場:国立西洋美術館  →上野MAPへ
会期:6月4日(土)~9月11日(日)
※日時指定制
休館日:月曜 、7月19日(7月18日、8月15日は開館)
開館時間:9:30~17:30、金・土曜9:30~20:00(入館は閉館の30分前まで)
https://nature2022.jp

国立西洋美術館リニューアルオープン記念として、ドイツ・エッセンのフォルクヴァング美術館の協力を得て、自然と人の対話(ダイアローグ)から生まれた近代の芸術の展開をたどる展覧会。
本展では開館から現在にいたるまでの両館のコレクションから、印象派とポスト印象派を軸にドイツ・ロマン主義から20世紀絵画までの100点を超える絵画や素描、版画、写真を通じ、近代における自然に対する感性と芸術表現を感じ取れる。
ファン・ゴッホの《刈り入れ(刈り入れをする人のいるサン=ポール病院裏の麦畑)》をはじめ、めったにお目にかかれない作品も多数展示される。

  • クロード・モネ 《舟遊び》
    1887年 油彩・カンヴァス 国立西洋美術館 松方コレクション
    ※無断転載禁止

スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち
会場:東京都美術館 企画展示室 →上野MAPへ
会期:4月22日(金)~7月3日(日)※日時指定予約制
休館日:月曜
開室時間:9:30~17:30​、金曜9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
※夜間開室については展覧会公式サイトでご確認ください。
https://greats2022.jp

スコットランド国立美術館は、1859年の開館以来、購入や地元名士たちの寄贈や寄託などによってコレクションの拡充を続け、世界最高峰の美術館のひとつとなった。
本展では、ラファエロ、エル・グレコ、ベラスケス、レンブラント、ブーシェ、スーラ、ルノワールなど、ルネサンス期から19世紀後半までの西洋絵画史を彩る巨匠たちの作品を展示し、さらに、同館を特徴づけるイングランド絵画とスコットランド絵画の珠玉の名品も多数出品。油彩画・水彩画・素描約90点を通じ、西洋美術の流れを紹介する。
特に、ゲインズバラ、レノルズ、ブレイク、コンスタブル、ターナー、ミレイといったイングランド出身の画家と、レイバーン、ラムジー、ウィルキー、ダイスなど日本ではなかなか見ることのできないスコットランド出身の代表的な画家たちの作品は、大きな見どころだ。

  • ※無断転載禁止

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×柴田敏雄×鈴木理策
写真と絵画-セザンヌより 柴田敏雄と鈴木理策

会場:アーティゾン美術館 →東京MAPへ
会期:4月29日(金)~7月10日(日)
休館日:月曜
開館時間:10:00~18:00、金曜10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
https://www.artizon.museum/exhibition_sp/shibatasuzuki/

写真が19世紀に発明され、普及し始めた頃と時を同じくして、絵画は印象派をひとつの起点として、それまでの伝統的な表現から大きな変革を繰り返し、そのモチベーションには写真の存在が少なからずあった。他方写真はその黎明期から、美術作品として、記録的な目的ではない絵画的な表現が模索され続けてきた。
現代の作家、柴田敏雄と鈴木理策の写真作品には、人間がものをどう見て、どう考え、どう表現するかという、近代絵画に共通する造形思考が感じられる。
今回のジャム・セッションでは、両作家がその活動の初期から関心を寄せ続けていたポール・セザンヌの作品を起点に、現代の写真作品と絵画の関係を問う。 本展では、柴田・鈴木両名の新作・未発表作品約130点を含む約240点と、石橋財団コレクションより約40点、計280点を超える作品が展示され、6つのセクションで構成される。4つのセクションでは新作を含めた両作家の作品と石橋財団のコレクションとのセッションが展開され、ポール・セザンヌのセクション、雪舟のセクションでは3者の作品の共演が見どころとなる。

  • 柴田敏雄《山形県尾花沢市》
    2018年 作家蔵
    ※無断転載禁止

山形

ますむらひろし展
会場:山形美術館
住所:山形県山形市大手町1-63  →山形MAPへ
会期:7月15日(金)~8月28日(日)
休館日:月曜(7月18日は開館)、7月19日
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
http://www.yamagata-art-museum.or.jp/exhibition/4632.html

山形県米沢市出身の漫画家ますむらひろし(1952-)の画業を紹介する展覧会。
猫のヒデヨシと個性豊かな仲間たちが繰り広げる代表作『アタゴオル』シリーズは、宮沢賢治が提唱した「イーハトーブ」の精神を作家独自の感性で受けとめて展開し、多くのファンを獲得した。また、宮沢賢治の物語を漫画化し、『銀河鉄道の夜』は80年代に初めて取り組んでから現在の最新作に至るまで、ますむらのライフワークとなっている。
2005年からは、葛飾北斎が描く日本の風景に「アタゴオル」の住人たちが溶け込んだイラスト作品「アタゴオル×北斎」シリーズを発表。
本展では「アタゴオル」「北斎」「宮沢賢治」といった多彩なますむらワールドに加えて、山形関連の作品も紹介され、米沢が生んだ独創的で愛情溢れるますむらひろしの世界をじっくり堪能できる。

  • 《尾州不二見原(冨嶽三十六景)》 2010年発表
    ©ますむらひろし
    ※無断転載禁止

千葉

カラーフィールド 色の海を泳ぐ
会場:DIC川村記念美術館
住所:千葉県佐倉市坂戸631
会期:3月19日(土)~9月4日(日)
休館日:月曜(7月18日は開館)、7月19日
開館時間:9:30~17:00(最終入場は16:30)
https://kawamura-museum.dic.co.jp/

カラーフィールドは1950年代後半から60年代にかけてアメリカを中心に発展した抽象絵画の傾向で、 大きなカンヴァス一面に色彩を用いて場(=フィールド)を創出させることで、広がりある豊かな画面を作り出した。
本展は、このカラーフィールド作品の収集で世界的に知られるマーヴィッシュ・コレクションより、関連する作家9名に焦点をあて、1960年代以降の出色の作品を紹介する日本初の展覧会で、DIC川村記念美術館の収蔵品とあわせて約50点を展観する。
床置きの立体作品から横5mを超える大型絵画まで、色と質感の豊かさを堪能できる作品群を、章ごとに微妙に明度が異なる展示空間で鑑賞すれば、ゆらめく色の海を回遊するような体験ができる。

  • フリーデル・ズーバス《捕らわれたフェニックス》1982年
    オードリー&デイヴィッド・マーヴィッシュ蔵
    © 2022 Friedel Dzubas / ARS, New York / JASPAR, Tokyo G2749
    ※無断転載禁止

京都

王朝文化への憧れ -雅の系譜
会場:相国寺承天閣美術館
住所:京都府京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701  →京都御所・二条城MAPへ
会期:Ⅰ期/3月20日(日)~5月15日(日)
   Ⅱ期/5月22日(日)~7月18日(月・祝)
休館日:会期中は無休
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
https://www.shokoku-ji.jp/museum/exhibition/miyabi/

『伊勢物語』と『源氏物語』は、貴族文化が華やかだった平安時代の、憧れの雅の世界が描かれた代表的な王朝文学。
また、相国寺は和歌史に燦然とその名を残す藤原定家の墓所として、ゆかりの寺宝を有している。さらに、桂離宮や古今伝授で有名な八条宮智仁親王の菩提所として、塔頭の慈照院には宮家ゆかりの寺宝が多く伝来している。
本展では、江戸時代に描かれた伊勢・源氏の屏風絵とともに、江戸時代の公家の和歌や絵画、八条宮家ゆかりの慈照院や藤原定家ゆかりの各塔頭に残る公家文化とのかかわりを示す什物を紹介する。

  • 《源氏物語図屏風》(右隻)狩野常信筆
    六曲一双 紙本金地著色
    江戸時代 十七世紀 相国寺蔵
    ※無断転載禁止

アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO
会場:京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」
住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124  →祇園・清水寺・銀閣寺MAPへ
会期:2022年9月17日(土)~2023年2月12日(日)
休館日:月曜(祝日の場合は開館)、年末年始
開館時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
https://www.andywarholkyoto.jp/

ウォーホルの故郷、アメリカ・ピッツバーグにある アンディ・ウォーホル美術館の所蔵作品のみで構成する、日本初の展覧会。
ウォーホルの初期から晩年にわたる作品を包括的に紹介する大回顧展となっており、展示作品数は約200点で、門外不出の《三つのマリリン》、大型作品《最後の晩餐》ほか100点以上が日本初公開作品だ。
1956年に初めて来日し、京都を訪れたウォーホル。本展では、京都とウォーホルのゆかりを示す貴重なスケッチなども展示され、ウォーホルの心を捉えた京都の姿を垣間見ることができる。

  • 13TAN0189
    本展キービジュアル
    ※無断転載禁止

やっぱり京都が好き ~栖鳳、松園ら京を愛した画家たち
会場:福田美術館
住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-16  →嵯峨野・嵐山MAPへ
会期:4月23日(土)~7月3日(日)
休館日:火曜
開館時間:10:00~17:00(最終入館は16:30)
https://fukuda-art-museum.jp/exhibition/202110111962

福田美術館が立地する嵐山は、千年以上前から天皇や貴族が好んだ景勝地であり、紅葉の名所とされていた。江戸時代になると多くの桜が植えられ、桜の名所としても有名になり、京都の市中に住む円山応挙などの画家も、写生をするためにたびたびこの地に足を運んだ。明治以降は、京都画壇の主力メンバーである竹内栖鳳、川村曼舟、冨田渓仙らが嵐山にアトリエを構え、多くの画家が集まった。
本展では円山応挙、竹内栖鳳、上村松園など、近世から近代の京都画壇の作品を中心に、京都にゆかりの絵画を三章立てで展観する。
第一章では、京都ゆかりの画家たちの作品を中心に紹介し、第二章では洛中洛外を描いた屏風作品や、嵐山をはじめとする京都の自然を描いた風景画などを展示。そして第三章では京都で大切に伝え守られてきたものを題材とした作品とともに、画家とのつながりについても紹介する。

  • 上村松園 「人形遣之図」 福田美術館蔵(通期展示)
    ※無断転載禁止




TOP