あるく あるける MAP & NEWS

東京アートニュース

 
東京アートニュース  
地図を見る 地図を見る 地図 地図を見るスマホ用 地図を印刷する 地図を見るPC用 ご利用規約 Pg/b取扱説明書

五世大木平藏《木彫彩色御所人形》のうち「宝船曳」 昭和14年(1939)

静嘉堂創設130周年・新美術館開館記念展Ⅱ
「初春を祝う―七福うさぎがやってくる!」

会場:静嘉堂文庫美術館 →東京MAPへ皇居MAPへ
会期:1月2日(月 ・振休)~2月4日(土)
休館日:月曜
開館時間:10:00~17:00、金曜10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
https://www.seikado.or.jp/exhibition/current_exhibition/

令和5年は、三菱第4代社長・岩﨑小彌太の還暦から7回りした卯年にあたる。その記念として祝賀の人形たちを展示するとともに、中国・日本の寿ぎの絵画、新春にふさわしい宴の器まで、吉祥性にあふれる作品を一挙公開。
福を運ぶ七福神と童子たち、兎の冠を戴く総勢58体の御所人形の一大群像は、卯年生まれの岩﨑小彌太の還暦を祝って、夫人孝子が京都の人形司・ 丸平大木人形店の五世大木平藏に制作させたもの。衣装や持ち物、乗り物など、すべてが木彫彩色で精巧に仕上げられた人形たちの愛らしいしぐさや表情に心が和む。
併せて展示される静嘉堂を代表する中国・明清時代の絵画から、江戸後期の池大雅・与謝蕪村・酒井抱一、近代日本画の巨匠、横山大観・堂本印象まで、東洋伝統の吉祥画題の作品や、正月にふさわしい吉祥デザインの茶道具や懐石のうつわ、宴席の道具などからは、眼福を味わうことができる。

酒井抱一《絵手鑑》 全72図のうち 「富士山」 江戸時代・19世紀
※無断転載禁止

新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会は中止になる場合があります。
また、入場人数の制限や、入場券・日時指定券が必要な場合もありますので、必ず公式サイトでご確認ください。


東京

大竹伸朗展
会場:東京国立近代美術館 → 皇居MAPへ
会期:11月1日(火)~2023年2月5日(日)
休館日:月曜(2023年1月2日・9日は開館)、2023年12月28日~1月1日、1月10日
開館時間:10:00~17:00、金・土曜10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
https://www.takeninagawa.com/ohtakeshinroten/

現代日本を代表するアーティスト大竹伸朗の、2006年に東京都現代美術館で開催された「全景 1955-2006」以来となる大規模な回顧展。
最初期の作品から近年の海外発表作、そしてコロナ禍に制作された最新作まで、およそ500点の作品が一堂に会し、半世紀近くに及ぶ創作活動を一挙に紹介する。
7つのテーマで構成されている展示空間は、小さな手製本から巨大な小屋型のインスタレーション、作品が発する音など、ものと音によって埋め尽くされている。

  •  《残景 0》2022年 212×161×16cm Photo:岡野圭
    ※無断転載禁止

佐伯祐三 自画像としての風景
会場:東京ステーションギャラリー →東京MAPへ
会期:1月21日(土)~4月2日(日)
休館日:月曜(3月27日は開館)
開館時間:10:00~18:00、金曜10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
https://saeki2023.jp/

大正時代から昭和の初めまで、大阪、東京、パリの3つの街に生き、短くも鮮烈な生涯を終えた画家、佐伯祐三(1898-1928)。
本展では、その短い画業の中で佐伯祐三が残した作品から、選りすぐりの代表作を一堂に公開。展覧会初出品となる作品も出展される。
佐伯が主に描いたのは、自身が生きる街を題材とした風景画で、本展ではパリとともに、特に日本で描かれた東京(下落合)、大阪(滞船)の作品を充実させて紹介。佐伯が自らの表現を獲得する過程に迫る。

  • 《郵便配達夫》1928年、大阪中之島美術館
    ※無断転載禁止

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才
会場:東京都美術館 →上野MAPへ
会期:1月26日(木)~4月9日(日) ※日時指定予約制
休館日:月曜
開館時間:9:30~17:30、金曜9:30~20:00(入館は閉室の30分前まで)
https://www.egonschiele2023.jp

夭折の天才エゴン・シーレをめぐるウィーン世紀末美術を展観する大規模展。
エゴン・シーレは、世紀末を経て芸術の爛熟期を迎えたウィーンで活躍した画家。わずか28年という短い生涯の間に鮮烈な表現主義的作品を残し、美術の歴史に名を刻んだ。エゴン・シーレの表現性豊かな線描と不安定なフォルム、鮮烈な色彩は、自分は何者かを問い続けた画家の葛藤にも重なる。
本展は、エゴン・シーレ作品の世界有数のコレクションで知られるウィーンのレオポルド美術館の所蔵作品を中心に、シーレの油彩画、ドローイングなど合わせて50点を通して、画家の生涯と作品を振り返る。加えて、クリムト、ココシュカ、ゲルストルをはじめとする同時代作家たちの作品もあわせた約120点の作品を紹介する。

  • エゴン・シーレ《ほおずきの実のある自画像》 1912年
    油彩、グワッシュ/板 レオポルド美術館蔵 Leopold Museum, Vienna
    ※無断転載禁止

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~
会場:上野の森美術館 →上野MAPへ
会期:11月22日(火)~2023年2月5日(日)  ※日時指定予約制
休館日:12月31日~1月1日
開館時間:9:30~18:00(入館は閉館の30分前まで)
https://heibayou2022-23.jp

秦漢両王朝の中心地域であった陝西省の出土品を中心に、日本初公開となる貴重な文物を多数展覧。それらが語る歴史を紐解いていく展覧会。
世界的に有名な始皇帝の遺物をはじめ、戦国、漢時代を含めた総計36体の兵馬俑が一堂に会し、なかでも、かつて11体しか確認されていない希少な将軍俑から、日本初公開となる1点を展示。古代の青銅器から、選り抜きの名品が揃い、漢の武帝が作らせたと伝わる秘宝・鎏金青銅馬も36年ぶりに公開される。
およそ1000年に渡る中国の歴史を追体験しながら鑑賞したい。

  • 戦服将軍俑 統一秦 秦始皇帝陵博物院 一級文物
    ※無断転載禁止

ヴァロットン―黒と白
会場:三菱一号館美術館 →東京MAPへ皇居MAPへ
会期:10月29日(土)~2023年1月29日(日)
休館日:月曜(11月28日、12月26日、1月2日・9日・23日は開館)、12月31日、1月1日
開館時間:10:00~18:00、金曜・会期最終週平日、第2水曜10:00~21:00(入館は閉館の30分前まで)
https://mimt.jp/vallotton2/

スイスに生まれ、19世紀末のパリで活躍したナビ派の画家フェリックス・ヴァロットン(1865-1925)。彼の真骨頂ともいえるのが、黒一色の革新的な木版画だ。
世界有数のヴァロットン版画コレクション誇る三菱一号館美術館が、希少性の高い連作〈アンティミテ〉〈楽器〉〈万国博覧会〉〈これが戦争だ!〉の揃いのほか、約180点のコレクションを一挙初公開する。
独特の視点と多様な表現、そして卓越したデザインセンスをもつヴァロットン作品は、黒と白のみで作り出された世界に見る人々を惹き込んでゆく。

  • フェリックス・ヴァロットン《嘘(アンティミテⅠ)》
    1897年 木版、紙 三菱一号館美術館
    ※無断転載禁止

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!
会場:森美術館 →六本木MAPへ
会期:12月1日(木)~2023年3月26日(日)
休館日:会期中無休
開館時間:10:00~22:00、火曜10:00~17:00(最終入館は閉館時間の30分前まで)
※1月3日(火)・3月21日(火・祝)は22:00まで
https://www.mori.art.museum

森美術館が3年に一度、日本の現代アートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として、2004年以来共同キュレーション形式で開催してきたシリーズ展で、創造活動の交差点(クロッシング)となる展覧会。
第7回目となる今回は、1940年代~1990年代生まれの日本のアーティスト22組の作品約120点を紹介。
本展は、「新たな視点で身近な事象や生活環境を考える」「さまざまな隣人と共に生きる」「日本の中の多文化性に光をあてる」という3つのトピックで構成されており、コロナ禍を経て、浮かび上がる社会像を考察する内容になっている。

  • SIDE CORE / EVERYDAY HOLIDAY SQUAD
    《rode work ver. Tokyo》
    2018/2022年
    工事用照明器具、単管、チェーン、作業着、ビデオ、ほか
    サイズ可変、ビデオ:5分3秒
    展示風景:「六本木クロッシング2022展:往来オーライ!」
    森美術館(東京)2022-2023年
    撮影:木奥惠三
    画像提供:森美術館
    ※無断転載禁止

京都

アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO
会場:京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」
住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124  →祇園・清水寺・銀閣寺MAPへ
会期:2022年9月17日(土)~2023年2月12日(日)
休館日:月曜(祝日の場合は開館)、年末年始
開館時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
https://www.andywarholkyoto.jp/

ウォーホルの故郷、アメリカ・ピッツバーグにある アンディ・ウォーホル美術館の所蔵作品のみで構成する、日本初の展覧会。
ウォーホルの初期から晩年にわたる作品を包括的に紹介する大回顧展となっており、展示作品数は約200点で、門外不出の《三つのマリリン》、大型作品《最後の晩餐》ほか100点以上が日本初公開作品だ。
1956年に初めて来日し、京都を訪れたウォーホル。本展では、京都とウォーホルのゆかりを示す貴重なスケッチなども展示され、ウォーホルの心を捉えた京都の姿を垣間見ることができる。

  • 13TAN0189
    本展キービジュアル
    ※無断転載禁止




TOP