あるく あるける MAP & NEWS

京都 上賀茂神社・下鴨神社

 
 
地図を見る地図 ご利用規約

開けっぴろげで心地よい雰囲気がある賀茂氏の神社


開けっぴろげで心地よい雰囲気がある賀茂氏の神社
下鴨神社、上賀茂神社は神話時代までさかのぼる、日本の中でも最も歴史のある神社の1つであるという。
話をすこしはしょって言うと、上賀茂神社の祭神は賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)、その母(玉依姫命)と祖父(賀茂建角身命)を祀っているのが下鴨神社、である。2つの神社は賀茂氏の神社であり大和朝廷を支えてきた。毎年、5月15日に行われる葵祭は朝廷から勅使を迎えて行われる。
上賀茂神社は照葉樹の茂る山を背に賀茂川の流れに沿って建っている。一の鳥居を入ると広い庭になっており、庭には大きく見事な枝垂れ桜がぽつんとある。奥に進んでいくと白馬がおり本殿がある。充分に厳かな雰囲気をもつ大神宮だが、夏の間、庭内を流れる小川で子供を泳がせていたりして、全体に開けっぴろげで心地よい雰囲気がある。写真
一の鳥居を出て右、そして左、桜並木がつづく加茂川土手を南に下る途中、御園橋あたりから「五山送り火の1つ、舟形」が見える。そして、北大路橋あたりからは「大文字」も見える。秘かに「おー」っと叫ぶだろうと思う。
やがて出雲路橋を左折すると下鴨神社。静かで穏やかな感じのする神社で、参拝する人もわいわいと自然に振舞い、お参りをしている。神話時代の神様は取ってつけたような飾りを嫌っておられるようである。
(写真は上賀茂神社一の鳥居と糺の森)


下鴨神社

みたらしだんごの写真
美味しいというより「下鴨神社に来たらみたらし団子」というように、まるで習わしのようになっているお団子。店先に桜が咲く頃、糺の森が紅く染まる頃、この店の団子は懐かしく思われる。

上賀茂神社

上賀茂神社の写真8月16日に松ヶ崎西山・東山で焚かれる精霊送り火「妙・法」。北山通の松ヶ崎周辺や高野川の土手、賀茂大橋などからもよく見える。また、船岡山からも見ることができる。
■五山送り火:毎年8月16日